男の子の学習能力とは?伸びる男の子の育児方法

2625viewsらくだイクメンらくだイクメン

このエントリーをはてなブックマークに追加
男の子を伸ばす母親は、ここが違う!

男の子は小さいころに遊んだ経験があるほど成功しやすい。オチンチン力といって、チョロチョロしたり、余計な事をする力を伸ばすことで自主自立、創造性、行動力を持った男の子を育てる!

男の子の学習能力

■小さい頃に充分に遊んだ経験
⇒ ゲームではなく自然や友達と遊んだ
⇒ 発見や創造、コミュニケーション力
⇒ 勉強は14歳からでよい(漢字や計算の基礎は除く)

■学校は期待できない
⇒ 必要以上なことはしてくれない

■好きな教科を伸ばす
⇒ イヤなことは苦痛になる
⇒ 好きな事が伸びれば自信になる
⇒ 苦手な教科にも取り組める

■国語力
⇒ 作文で伸ばすことができる(自由に書かせる)
⇒ 書けないときは書かせる前にじっくり話を聞くと細部まで思い出せる

■集中力
⇒ 一度入り込んだら周りの音が聞こえないぐらい
⇒ ヘッドホンで音を消すのはよくない(逃げている)
⇒ 逆に静かすぎると小さな物音を気にするようになる
⇒ 適度な音がある環境がよい(テレビなどは消す)

■習い事が多いと管理されてしまい無気力になる

男の子について

■理屈っぽくしかる
⇒ いくら怒っても「何で怒ってるんだろう」と理由がわからないから
⇒ 女の子は「ママが怒ったからしてはいけないこと」と考える

■男の子をおこるとき
⇒ 怒りよりも冷たさ、無視、薄いリアクションだとひびくことも

■最近の女の子の理想の結婚相手
⇒ 経済力のある男よりも家庭的な男
⇒ 手伝いをしてもらう

■男はカラダで学習
⇒ 言われてもわからない
⇒ 友達とケンカをしてても危険なことにならなければ放っておく
⇒ そこで友達とのつき合い方、痛い想いを学ぶことができる

■男の子はうろちょろするもの
⇒ 厳しく叱って矯正しない
⇒ 好奇心がなくなり無気力になることもある

■オモロイことを見つける力
⇒ 女性はきちっと決められたことをこなすことができる
⇒ 男の子は結果を気にせず好きな事をしたり、先に行動したりする
例)花壇を作る時、女の子は間隔をあけてきれいになるように作るが、
男の子は、池を作ったり、タネを同じ場所に集中させてりする
結果として、花が集中したおもしろいものができたりもする

■子どもがあやまったとき
⇒ 何やってんの!と怒ると言い訳するようになる
⇒ わざとじゃないんだからいいよ。と謝ったことを肯定する
⇒ 親も悪いことをしてしまったら適当に謝らずしっかりと子どもに謝ること!!

■男の子が1人っ子の場合
⇒ ママの力がその子に集中する
⇒ でも、ママは男という生き物が理解できてないので大変なことになるケースがある
⇒ 男の子はぼんやりしているので過干渉になりがち
⇒ 乱暴なことはNG、エロ本もNG
⇒ マザコン

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く