MBAマーケティングプロセスとマーケティング戦略

4728viewsreading_boxreading_box

このエントリーをはてなブックマークに追加
MBAマーケティング

マーケティングプロセス

<1.マーケティングの環境分析>
■「3C」内部分析
①外部環境である顧客分析(Customer)
②競合分析(Competitor)
③内部環境である自社分析(Company)

■「SWOT分析」外部分析
①Strength(強み)…自社の強み
②Weakness(弱み)…自社の弱み・課題
③Opportunity(機会)…外部環境にあるチャンス
④Threat(脅威)…外部環境にある自社にとって都合の悪いこと

<2.市場機会の発見>
■競争上、有利に働く内部要因が強み、不利に働く内部要因が弱み。
→自社の弱みを強みに変える
自社にとっての市場機会は、発見した事実の中に「ある」ものではなく、その事実を企業がどう捉えるかによって「創り出される」ものである。

<3.STP戦略>
①Segmentation(市場細分化)…S
②Targeting(ターゲットの設定)…T
③Positionninng(差別化)…P
コトラーが提唱したマーケティング戦略の基本的なフレームワーク。

 まず市場を細分化(セグメンテーション)し、次にその中からフォーカスすべきターゲットセグメントを決定(ターゲティング)し、そしてターゲットセグメントに対して、ベネフィットを宣言する(ポジショニング)。この活動の頭文字をとって「STP戦略」と呼ぶ。

<4.マーケティングミックス>
■4P=生産・製品(Product)、価格(Price)、販売チャネル・流通(Place)、プロモーション・販売促進活動(Promotion)

 マーケティングミックスとは、マーケティングの中心的活動の1つで、利用可能なマーケティング手段(4P)の中から目標達成に有効なものを選び出し、組み合わせることである。

マーケティング戦略

<1.優位性>
①「ブランド戦略」
■ブランドエクイティの向上とブランド拡張
 ブランドを確立できれば商品やサービスに付加価値が生まれ、マーケットで競争優位に立つことが可能である。

②「競争戦略」
■シェアの拡大と維持
 自社の競争力を実際の市場競争に生かし運用することで、競合企業の競争力を低下させ、自社の市場支配を確立させるための戦略。

<2.コミュニケーション>
①「マーケティングリサーチ」
■「仮説」を「検証」し、「目的」を明確にする
 企業などの組織が、商品・サービスを提供するために、顧客を知り、顧客にあった商品・サービスをつくることで、様々な経営資源を効率的に運用できる。

②「CRM戦略」
■顧客生涯価値の概念
 顧客との良好な関係の構築を目指す戦略。良好な関係の維持は獲得収益の極大化をもたらす。

③「ビジネス・マーケティング」
 法人顧客向けに商品・サービスのマーケティングを行うこと。生産財マーケティング。 法人を主要顧客とするビジネスにおいても、マーケティングの考え方やマーケティング・プロセスは有効である。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く