社長の視点で勉強をしよう!短時間で効果的に学ぶ「社長の勉強法」

8657viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
上場請負人と呼ばれるプロ経営者が書いた 社長の勉強法

社長の視点で勉強をする

■社長の視点で勉強すると効果が向上する
 ・経営者たちは常にROI(費用対効果)という考え方をする
 ・勉強でいえば「収めた成功÷勉強にかかった費用=費用対効果」
 ・同時に「収めた成功÷勉強にかかった時間=時間対効果」も考える
 ・社長の視点を持てば「時間とお金かけて学ぶ価値があるのか」を自然と意識できる

勉強をする意義

■変われない人は、不良債権を抱えているのと同じ
 ・時代は常に変化しているので、世の中に安定はない
 ・留まることは退化と同じで、人間は先に変化して成長するしかない
 ・スキルアップや成長のために勉強をせず、退化を防ぐために勉強をするべき

■自己投資のポートフォリオを持っているか?
 ・投資と言えば、多くの人は不動産・株・FXが浮かぶ
 ・もっともリターンが期待できる投資は実は自己投資
 ・自分への投資が、後々になって高い価値を生み、偉大なリターンをもたらす

短時間で効果的に学ぶ

■勉強で大事な3つのステップ
 1.知る:対象情報の仕組みや全体像を知る
 2.理解:なぜそうなのかを理解する
 3.できる:理解したことを復習して何度でも実行できるようにする

■価値ある本は何度も読む
 ・いいと思った本、感銘を受けた本は、何度も繰り返して読んで定着させる
 ・その通りに実践できるようになるまで、習慣化する

■感情を利用する
 ・勉強ができる人ほど自分の感情を利用する
 ・「悔しい」「嬉しい」といった感情を大切に扱ってモチベーションをアップさせる

■自己価値を高める3つのポイント
 1.「好きなこと」より「得意なこと」(得意なことは投資価値が高い)
 2.「ニッチ」を狙う(ニッチでトップを取って、成功体験をもとに次のステージへ)
 3.自分の「勝ちパターン」を知る(「負け知らず」は、競争社会を生き抜く力になる)

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く