勉強にはどんな意味があるのか、効率的な勉強のために何か必要か

3873viewsreading_boxreading_box

このエントリーをはてなブックマークに追加
[高等教育シリーズ] 大学で勉強する方法

概要

勉強するとはどういうことか。

勉強にはどんな意味があるのか

勉強には二つの目的がある。

①まとまりのある知識を獲得すること
②何かをする能力を獲得すること

・知識は将来の思想と活動を導く役割を担う。

・同様に、何かをするやり方についての知識と具体的なことがらについての知識は、新しい情報を吸収する際の「効率と方法」に影響する。

・あなたが開発できる能力のうち最も価値のあるものの一つは、「勉強する力」である。

・自分で新しい問題に取り組み、解決するまで考え続けられるという、勉強の仕方を学ぶ必要がある。

・効率的な勉強の仕方を学ぶことは、単にある情報を獲得することよりもはるかに重要である。殆どの分野では、情報はすぐに古くなってしまう。それに対して、問題を分析し、取り組むこと、必要な情報を集めること、その情報を解釈することは、そう簡単にはダメにはならない技能である。勉強の仕方を知るということは、考え、観察し、集中し、組織し、情報を分析する仕方を知ることなのである。それは、私たちをとりまく世界を理解し、コントロールするという課題に、知性を使うことである。勉強の仕方を学ぶときには、同時に、考えること、生きることを学んでいるのである。

効率的な勉強のためにまず何か必要か

 効率的な勉強のための重要な要件とは、「やる気」である。それは、学び、そして達成したいということへの強烈な意欲であり、知的な事柄への興味、学究活動での「為す意志」のことである。あなたが効率的な勉強の仕方を学びたいのであれば、あなたの学んでいる学問を習得したいという意欲を高め、きっと習得するということを信じること。その他のすべては、この気力のあとにくるものである。

1、いろいろな所から今、学んでいる教科についての情報を集める
2、新しい情報と自分が既に知っている情報を結び付ける
3、新しい情報を自分のものにする
4、新しい知識を実際に利用する
5、関連する資料は授業で利用する

1、あなたの課題を明確にする
2、つき動かすものを強烈に感じ、あなたの目の前にある課題を学んでみる
3、総力をあげてはじめる
4、勉強のための物理的な環境を整える
5、無駄な時間を生み出すすべての原因をチェックする
6、自分の個人的な問題から目を反らさず、まず悩んでみる

・問題の存在する場で、できる限り客観的に、明確につぎのことを決定する
・あなたの問題の分析を助け、解決に協力してくれる、思いやりのある人を
見つける
・その問題を避けたり、それを解決したかのように振る舞うことで、自分自
身をあざむいてはならない

著者からのメッセージ

 活動的に勉強せよ。為すことによって学べ。いま学んでいることについて、あなたの知識を使って、考え、話し、そして書く。

「なぜ勉強するのか」と尋ねられたらその答えに明らかに次のことである。

「私の勉強は役に立つであろう。なぜなら、獲得した知識と勉強の習慣によって私は利益を得るから」

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く