誰からも大切にされる女性の話し方!言ってはいけないフレーズなど

2011viewsmegumegu

このエントリーをはてなブックマークに追加
誰からも大切にされる女性の話し方

強引に自分の意見や考えを押し付けてくる人が苦手な人は

その相手によってふだん見ないようにしている

「自己主張できない私」

に直面させられることになります。

自慢する人が極端に嫌いならそれは自分の劣等感に直面するからです。

無愛想な人が苦手なら

愛されないのではないかという不安に直面するからです。

あなたが本当に嫌いなのは

「自己主張できない自分」

「劣等感を抱く自分」

「愛されない自分」だということです。

言ってはいけないフレーズ そんなのまだまし

そんなのまだましよ!とは
会話の主役になって周りの注目を集めます
言った瞬間相手は黙り、みなは自分のほうを向くので、恍惚感に包まれて周りが見えなくなるのです。
会話は奪ったかもしれませんが、奪われた人はきっとさびしい思いをしているはず。注目を集めてもそれが愛される材料にはならないことを知るべきです。

言ってはいけないフレーズ 私ならしない

私ならしない
私はそうは感じない
と言ってしまうと、会話はとまってしまいます。
よく考えてみれば、私の意見私の考えはまったく不必要で
大事なのは相手の話、相手の気持ちのはずです。

私なら○○する
私なら○○しない
という言葉を使うときとは、つまり私は正しくて、あなたは間違えているといっているに等しい

けなされた時は反撃する

いわれもなくけなされたときは、反撃せねばなりません。
ここで一番してはいけないのは笑って見過ごすこと。
相手はあなたがその言葉を受け入れたとみなします。
感情的に反発するのでは問題が余計にこじれます。
短くも鋭い剣でわき腹をチクリと刺す程度のお仕置きをしましょう。
「女のクセに」
  ↓
「女に偏見をお持ちですか?」

「やっぱり田舎もんは」
  ↓
「○○県出身者を一段低く見ていらっしゃいますか?」

「高卒だから仕方ないか」
  ↓
「高卒だと能力が劣るとおっしゃっているわけですか?」

相手の言ったことを自分からの見方でフィードバックしてあげます。
すると相手は自分の言ったことの意味をもう一度反芻し、それであなたを傷つけた事を自覚するでしょう。
そのとき、断定的な言い方にせず語尾を疑問形にすることで、
相手に言い訳の機会を与えていますので、相手を窮地に追い込むことにはなりません。
窮地に追い込むと死に物狂いで反撃に出る可能性もあります。

苦手な人

強引に自分の意見や考えを押し付けてくる人が苦手な人は
その相手によってふだん見ないようにしている「自己主張できない私」に直面させられることになります。
自慢する人が極端に嫌いならそれは自分の劣等感に直面するからです。
無愛想な人が苦手なら愛されないのではないかという不安に直面するからです。
あなたが本当に嫌いなのは「自己主張できない自分」「劣等感を抱く自分」
「愛されない自分」だということです。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く