やってはいけない筋トレなんてあるんだ?努力を無駄にしないための筋トレ法

26974views鷹森雀ノ介鷹森雀ノ介

このエントリーをはてなブックマークに追加
やってはいけない筋トレ (青春新書インテリジェンス)

筋トレを続けているのに効果がでないという人、細マッチョになりたい、という人のための一冊。今までの間違った筋トレ知識を一新するのにもよい。効果的なストレッチ法も書かれていて、内容豊富。

努力を無駄にしないための筋トレ

・筋トレは毎日やってはいけない
・筋肉は休息させないと駄目

回数自慢にはまったく意味がない

腕立て100回とか、細マッチョになるためには意味がない。筋肉の持久力は増すが、筋肥大は望めない。→回数多くやってはいけない

腹筋運動で腹の筋肉は6つに割れない

・筋肉があるからというよりも、体脂肪の少なさで、腹筋は割れる。
腹筋を割りたいなら、筋トレと一緒に全身運動などをして、脂肪を燃焼させましょう。

筋肉痛のある・なしは効果と無関係

・「やった」感はあるが、筋肉が増大するかは別→筋力アップに必ずしも筋肉痛は必要ない。

プロテインよりもきく食べ物がある

・「同化」「異化」の関係が大事。
・異化を防ぐのに必要なのは、プロテインではなく、炭水化物。→血糖値が下がっている状態で筋トレしても意味はない。

「特定の部位だけ体脂肪が減る」という大誤解

筋肉は狙った部位をピンポイントで鍛えれば、その部分が増強する。→しかし、たるみを引き締めるためには、部分筋トレはあまり意味ない。むしろ筋肉がついて太くなる。
・運動により全身の脂肪がほぼ均一に分解→血液中に遊離脂肪酸
↑筋肉は特定の部位の体脂肪だけを利用するわけじゃない

感想

筋トレの勘違いあれやこれやについてかかれていました。

運動する人や、筋トレで筋肉を鍛えている人、細マッチョになりたい人、などは読んでみるとよいと思われる一冊です。

その筋トレが無駄であると言うちゃんとした理由も書いてあるし、勉強になります。

部分やせ出来ない、のは自分も筋トレで出来たためしがないので、納得。
そういう理由だったのか……。

しっかり筋肉に効くエクササイズ法や、自宅筋トレを成功させるポイントなども載っています。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く