「視点」「疑う」「融合」がキーワードの本質をつかむ思考法

1902viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
本質をつかむ思考法

本質をつかむ思考法とは

■つねに「視点」を移動する
 ・視点の移動で思い込みを排除する
 ・相手の視点で解決方法を考える
 ・一歩引いた「第三者視点」をもつ
 ・「時間軸」を移動させることで真相が見えてくる
 ・「空間軸」を移動させることで新しい視点が生まれる

■あらゆることを「疑う」
 ・「その言葉が具体的に何を指すのか」を考える
 ・同じ言葉でも「発信者」によって意図が違う
 ・「言葉の概念」を疑ってみる
 ・「多数派の意見」が真実とは限らない
 ・「日本人の常識」を疑う

■「知識」と「感情」を融合させる
 ・「直接、体験する」ことで情は育てられる
 ・情に走らずに、一歩「距離」を置く
 ・「問題意識」を持つだけで知識は増える
 ・「自分と異質な世界」を避けない
 ・「反対意見」から考える力を身につける

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く