「わが子」の気持ちが分からない! 思春期の子育てのコツ!

23028viewsらくだイクメンらくだイクメン

このエントリーをはてなブックマークに追加
「わが子」の気持ちが分からない! (PHP文庫)

思春期

■それまでの育ちの方向性が出てくる
⇒ 良くないことがあっても、親が軌道修正して新たな道を見つけるチャンス
⇒ 遅すぎることはない

■自分の仲間との居場所に移る過渡期
⇒ 親は侵入しないこと
⇒ ひみつの拒絶は自立へのあゆみ

■子供のひみつ
そっとしておいてあげる。
⇒ なかなかほっておくのは難しいのは、子供に対する信頼がないから。
⇒ 子供を信頼してあげることが大事

子育て

■望ましい方法はない
⇒ 真実に向き合うまなざし、感じる心が大切。
⇒ 幸せに生きること。

■子供には大人に本心が伝わるということを教えてあげる
⇒ そのためには親が変わらないといけない
⇒ 決めつける前に理由や言い分、気持ちを聞くこと
(子供のあきらめ ⇔ 親のわからなさ)

■大人への否定的な気持ち
⇒ 大人への反抗的な気持ちを理解してあげる
⇒ 反抗は子どもの訴えであり、切り捨てず大切に扱うこと

■しつけ⇒おしつけ⇒つけ
⇒ 厳しいしつけをおしつけて、将来のつけにならないようにする

■子どもの気持ちがわからない
⇒ 子どもの自己解決能力への信頼の欠如
⇒ 親自身の自信のなさが原因(子供の頃に信頼されなかった)

こんな子が危険

・良い子を演じている
・放任され過ぎている
・厳格なしつけで感情を強く抑圧されている
・体罰や暴言を受けて育っている

■夫婦げんか
子どもが調整役、カウンセラー役になっていると危ない。
⇒ 子どもは親になると同じように夫婦げんかをする傾向がある。

キーワード

■解離家族
心の接触を拒みながら、各々が果たすべき日々の営みを淡々と進める家族
⇒ 笑って見つめあう雰囲気が大事

■アダルトチルドレン
子どものときに子どもとしてふるまえない
⇒ 甘えや怒りなど子どもとしての体験がなく心の奥に残っている
⇒ のびのびできず大人で辛い思いをする
⇒ 私のせいじゃないと自己否定しなくなればよいが、その場合は親に矛先が向く

対応方法

■逆説的しつけ
⇒ 反抗されるなら対応をガラリと変えてしまうと何かが起きる
⇒ やめさせようとせず、やってもらうように言う
⇒ 大切にされていると感じる

■親が自分を大切にする
⇒ 子どもは自分のことで親が苦労しているのは辛いと思う

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く