ユダヤ人大富豪の教え ―ふたたびアメリカへ篇から刺さった名言まとめ

1310views柳田裕一郎柳田裕一郎

このエントリーをはてなブックマークに追加
ユダヤ人大富豪の教え ―ふたたびアメリカへ篇

(私に刺さった点)

お金を稼いだり、富を蓄積するのはそんなに難しくない。
本当にやりたいことをやればいい。

そして、それで得たお金をうまく運用すればいいだけだ。(P30)

人との関わり方、感じ方が変われば、すべてが変わる!
これまでの家族との関係を癒し、世界のとらえ方を変えれば
観念も変わっていく。

自分や世界に対する観念が変われば、文字通り君の体験する世界
も変わるのだよ。(P31)

人生を動かしているのは、感情だ。
それは、人生をよくも悪くも支配するといっていいほどの力をもつ。

にもかかわらず、私たちのほとんどがそのことをよく知らず、感情
を無視して生きている。(P37)

相手が何を感じているのか理解できなければ、お互いが理解し合う
なんて夢のまた夢だ。(P59)

人がお互いに高め合うためには、本音で言い合ったりすることも必要
なんだよ。

一時的に険悪な雰囲気になっても、その対立が新しいものを生み出したり
する。

それがないと、二人とも平凡でつまらない人生を生きることになってしまう。(P83)

相手がどんな痛みをもっているのかを想像し、同時に自分の痛みを見ること
ができれば、一瞬にして力学は変わる。(P114)

君たちがいまの状態を冷静に見ることができれば、まったく違う世界が見えて
くる。(P115)

自分にふさわしいものしか、私たちは引き寄せない。
だから、人生に、いまのタイミングでやってきたことというのは、なにか
必要があってのことなんだな、ぐらいに感じればいい。

そして、それをいい悪いで判断せずに、ただ楽しめばいいんだよ。(P162)

夢を持っている程度だと、人は、ほとんど行動しない。
しかし、それが目標になったとき、具体的な行動として表れるのだよ。(P164)

自分が本当にやりたいことにフォーカスしていれば、たいていのことはかなう。(P167)

君たちは、毎日心から充足できるようなことをしているだろうか?
本当に楽しいことだったり、大好きなこと、自分にとって大切なことを
やっているだろうか?

生まれてきて本当によかった!というようなことをだ。(P180)

障害の本質は、その人がどれだけ本気で夢に向かっているかのテストみたいなもの
だといっていいだろう。
そのテストを軽く乗り越えられるかどうかで、夢が実現するかが決まる。(P185)

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く