ビジネスにおける図解を全7パターン!図で考えるとすべてまとまる!

3048viewsenokienoki

このエントリーをはてなブックマークに追加
図で考えるとすべてまとまる

はじめに

ビジネスにおける図解を全7パターンに分けて、その書き方から使いまでをわかりやすく紹介されている本。
ストーリ仕立てで、実際のビジネスシーンにおける図解の方法を解説している章もあり、「あーそういうのあるあるー」と思いながら読めることで、よりわかりやすい内容となっています。
以下、全7パターンのエッセンスが集約された本文をまとめました。

1.モノゴトを分解して考える「因数分解パターン」

因数分解のパターンは、大きな問題や複雑な問題に取り組む際に、アイデアを考える切り口を与えてくれます。たとえば「売上を上げる」という目標を考えても、テーマが大きすぎて具体的に何から手をつけていいかわかりにくいと思います。
しかし、因数分解のパターンを使うと、その売上を構成する要素を分解して考えていくため、アイデアはどんどん広がっていきます。

2.モノゴトを分類して考える「マトリックスのパターン」

マトリックスのパターンは、モノゴトをタイプ別に分けることで、それぞれの関係性や、優先順位がわかるようにするものです。たとえば、新しい商品を開発する際に、どこの市場むけの商品を開発すべきかを考えたり、複数の事業を行っている会社がどの事業に優先して資源を投入するのかを決めたりする時に使います。

3.頭を整理する「表のパターン」

図のパターンの中で一番シンプルなのが、この表のパターンです。
表のパターンは、たくさんある情報を簡単に整理できるので、ビジネスシーンで一番よく活用されるものでもあります。
たとえば、いろいろな人がさまざまな意見を言ってまとまらない会議でも、この表のパターンを使うと、情報が簡単に整理でき、議論をまとめることができます。

4.比べることで良いものを際立たせる「比較パターン」

比較のパターンは、何かを比べてどちらが良いのかを検証したいとき、またそれぞれが既存品や類似品と何が違うかを比較して示すことで、新製品をより魅力的に見せたりするときに使います。

5.時間を可視化する「線表のパターン」

表線のパターンは、目に見えない時間を誰にでもかわる形にまとめます。
スケジュールなどをチームで共有したり、仕事の計画を立てるときに使います。

6.アイデアをシンプルに伝える「コンセプトのパターン」

たとえば、自社の商品やサービスの特徴をうまく伝えたいのに、なかなか相手にそのコンセプトが伝わらなくて困ったことはないでしょうか?コンセプトのパターンを使うと、とても簡単に、でもわかりやすく、そのものの特徴を表現することができます。

7.モノゴトの流れをとらえる「プロセスのパターン」

このパターンは、何かをステージごトに分けて考える際に使います。
たとえば、お客さんがどういう流れで自社の商品やサービスを買っているかを考えたり、相手に何かの手順のい説明するときに有効です。

まとめ

本の中では、この7パターンの書き方から使い方までが解説されています。

図を書く度に「うーっ」と考え込んでいた自分にとっては、図解の種類が7つにグループ化が出来るというこの考えは、図を書く上で非常に役立つものでした。

まだまだ修行は必要ですが、この本を読んで、実践してみることで資料作りが少し楽になりました。

いろんな図解本がありますが、図解技術の入門書として非常に評判がいい1冊です。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く