ガネーシャの課題をこなして夢を叶えよう「夢をかなえるゾウ」

43362viewskinoshitaykinoshitay

このエントリーをはてなブックマークに追加
夢をかなえるゾウ

はじめに

「ウケる技術」の著書水野氏の著書。82万部を売ったというビジネス書では異例の売上を達成。この本は自己啓発本を何冊も読むよりもこの本をオススメしたい。

仕事でパッとしない主人公が、象の姿をしている神様ガネーシャと契約し、ガネーシャの言うことを一度でも聞かなかったら夢をみることなく、今まで通りしょうもない人生をダラダラ過ごして後悔して死にますという内容。ガネーシャが言うことは自分が変わるために一番簡単な方法であり、主人公は受け入れることになり、ガネーシャの課題をこなしていく。

人間としてビジネスマンとして身につけるべきな話がここには含まれていると思う。課題とメッセージのに、ビジネス界の成功者がこうしてきたとの事例があるてんがとても頭に入りやすい。水野氏はとても賢い方なのだろうな。会ってみたいものです。

ガネーシャの課題

■営業ツールである靴を磨く
成功しないための一番重要な要素は人の言うことを聞かないこと。営業ツールを大事にする。

■コンビニでお釣りを募金する
世の中の人を喜ばせたい気持ちが大事。

■食事を腹八分に抑える
自分で自分をコントロールすることか楽しめるようになる

■人が欲しがってるものを先取りする
欲しいものを正直に言うことは無い。先取りして提案する。フォードが車を作ったときのニーズはもっと早く走れる馬だった

■人を笑わせる
空気を作ることは大事。空気を明るくする人の周りには人は集まる。デカい仕事をする人はユーモアセンスもある

■トイレ掃除をする
一番みんなが嫌がることを率先して行う人間には人が付いてくる

■まっすぐ帰宅する
仕事が終わったあとの自由な時間は自分が成功のために使える大事な時間

■その日頑張れた自分をほめる
ここまでのことが出来てることを体感してもらう

■1日何かをやめる
何かを手に入れるためには相応の代償が必要。時間は有限。

■決めたことを続ける環境を作る
人間は意識を変えることはできない。意識では無くて具体的な何かに変える。意識を変えるな環境を変えろ

■毎朝全身鏡を見て身なりを整える
服は変えることの出来る環境の一つ

■自分が一番得意なことを人に聞く
自分に価値があるかを顧客に聞いてみる

■自分の苦手なことを聞く
短所と長所は表裏一体。長所を知りたければ短所も知る

■夢を楽しく想像する
夢は強く思い描けば実現する

■運が良いと口に出して言う
エジソンは発明途上における失敗をすべて成功と言った。成功してなくとも運が良かったと言うことが重要。

■タダで貰う
どんな小さなものでもタダで貰うことが出来るようになること。これが金持ちになる方法

■明日の準備をする
スケジュールを立てて準備をする。そういう癖を付ける

■身近で一番大事な人を喜ばせる
家族や友人を後回しにしない。

■誰か一人のいいところを見つけてホメる
カーネギーは鉄鋼のことは知らなかったが人の自尊心を満たすことは徹底的に知っていた。

■人の長所を盗む
成功者は必ずコピーがうまい。

■求人情報を見る
社会人は経験があるかないか。何が出来るか出来ないか。

■サプライズする
人を喜ばせることを体感する

最後の課題

・やらずに後悔してることを今日から始める
・サービスとして夢を語る
・人の成功をサポートする
・応募する(自分の力を売り込む)
・毎日出会う人や身の回りのものに感謝する

多くの人は何もしない、実行に移さない、経験に向かわないため。こういった実行が重要である。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く