仕事が加速する9つのアイデア発想法

1950viewshalmahalma

このエントリーをはてなブックマークに追加
僕たちはアイデアひとつで未来を変えていく。

仕事が加速する9つのアイデア発想法

アイデアの発想法は、アイデアと出会うためのアプローチの仕方といえる。
まずは人の真似をせず、自分のオリジナルアイデアを生み出す決意をする。

自分の困ったを探せ~ソリューション発想法~

アイデアを出すことに苦労しているなら、自分が困っていることを考える。
自分が困っていることは、みんなが困っていることだから。

ライバルをつくれ~発想法~

あえてライバルと競い合うことで話題をさらい、両者が人気をさらう。
ライバル会社に溝をあけられているなら、あえて勝負に挑んで話題をさらう手法が有効。
サムスンはアップルに挑戦することで「アップルVSサムスン」と注目された。

「常識のウソ」を探せ~超常識発想法~

大多数の人が常識に支配されているからこそ、常識を疑い、「常識のウソ」を見つけることでよいアイデアと出会える。

ワコールの「胸が小さく見えるブラ」は、女性はバストを大きく見せたいという常識を覆してヒットした。

「一石二鳥」で状況を打開せよ~ツーウェイ発想法~

不良品を「わけあり商品」とすることで、無駄をなくすだけでなく人気商品にする。
理由のある節約アイデアはケチではなく、クリエイティブな発想。
自社の福利厚生をブランディングすることで、タニタ食堂は大きな話題となった。

「得する」を探せ~フォーカスチェンジ発想法~

今までゴミだと思っていたものに価値を見出す。
日本は見方を変えれば世界最大の都市鉱山。
喪服ですら美しく見せたい女心をつかみ、美しい喪服はヒットした。

「今だけ・ここだけ・あなただけ」を探せ~アンチユビキタス発想法~

「限定」という商売方法は、ドングリの背比べから抜きん出るための絶好のアイデア。
ましてや日本人は「限定」に弱い民族性がある。人はないと言われれば余計に欲しくなる。

ビジネスは拡張すればよいというものではない。「限定」すること自体がよいアイデア。

「意外なもの同士」を組み合わせろ~ミキシング発想法~

海外ウエディングは、海外旅行とウエディングを組み合わせて大ヒットをした。
海外だからこそ、しがらみに関係なく呼びたい人だけ呼ぶことができる。

まったく関連性がない2つを結びつけることで、ブランドを誕生させる。

あえて写真を撮らせろ~バズ的発想法~

写真を撮らせない飲食店はつぶれる時代。
撮影させればソーシャルメディアで広がる。

デザインから考えろ~デザイン発想法~

社長の横にアートディレクターを置く。
これからの時代、最も重視しなければならない役職のひとつが、アートディレクター。
総合的な意味で、会社としての「見せ方」を一貫性を持ってアドバイスさせる。
パッケージングの優劣は、現代マーケティングにおいて最も結果を左右する。

生産者の情熱を様々なアイデアを駆使したデザインによって洗練させ、消費者に届ける。
商品と消費者の架け橋となるのが、デザイナーの仕事。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く