生まれるのが遅すぎた男、伊達政宗と天下人たちの丁々発止のやり取り

2906views榎本秋榎本秋

このエントリーをはてなブックマークに追加
秀吉、家康を手玉に取った男 「東北の独眼竜」伊達政宗

●独眼竜、東北の覇者になる

独眼竜政宗、その起源
伊達『政宗』誕生
コンプレックスをアピールの武器に
名門と新規、両方をうまく活用した人事の妙
人取橋の戦い――政宗軍七千VS連合軍三万
名門を叩き伏せ、奥州の覇者に

●秀吉の圧力、政宗のパフォーマンス

天下人の命令に大遅刻
奥州仕置による大名の移り変わり
謀反容疑を晴らしたパフォーマンス
大崎葛西一揆黒幕疑惑と政宗の切り札
「独眼竜」人気が京都を席巻

●江戸幕府における政宗の位置づけ

「百万石のお墨付き」?
奥州の関ヶ原
時には諦めも肝心
大久保長安事件と政宗
仙台藩の特異な仕組み
百万石以上の仙台藩
名門と新規両方をうまく活用

●伊達氏の歴史

南北朝と伊達氏――伊達行宗
元祖政宗――伊達政宗
『守護』伊達氏――伊達稙宗
大名伊達氏の認識――伊達晴宗
先見性に優れる――伊達輝宗
政宗以降の伊達氏

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く