世間を捨てれば、楽に生きることができる!4つの「捨てる」コツ

2754viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
捨てちゃえ、捨てちゃえ

「こだわり」を捨てる

■「いいかげん」でいい
 ・道徳は強者が弱者を縛り付けるためのもの
 ・嘘をついてはいけないという道徳も、弱者は責められ、強者は守らず平気で嘘をつく
 ・自分を縛り付ける社会的規範や道徳こそが、「こだわり」
 ・ほんの少し「こだわり」を捨てれば、自由に生きられる

「世間」を捨てる

■「自分の物差し」で生きる
 ・真面目な人ほど、世間の期待で生きようとする
 ・世間の期待は、みんな漠然で応える必要もない
 ・期待に過剰反応して、いじけた人生を送るなんて愚の骨頂
 ・世間に迎合せず、自分の人生を主体的に生きる

「欲望」を捨てる

■希望はいらない、現在に感謝する
 ・欲望は一時的に満たされても、すぐにふくらみ、生涯満たされることはない
 ・欲望を捨て去ることはできないから、なるべく少なくする
 ・自分の現在を常に感謝できれば、幸せになれる

「自分」を捨てる

■世間の操人形である「自分」を捨てる
 ・「自分」なんて、所詮「世間」にならない
 ・独自の意見も「他人が欲しいから自分も欲しい」程度の主体性しかない
 ・「世間」の操人形である自分なんて捨てれば、自由になれる

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く