仕事をテンプレート化することで仕事の効率化をはかる「テンプレート仕事術」とは

19572viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
テンプレート仕事術 ―日常業務の75%を自動化する

テンプレートとは

■仕事のテンプレート化とは?
 ・過去の資料を使いまわすことで効率化をはかる
 ・仕事の手順を分析・整理していつでも誰でも効率よく進めれるようにする
 ・一定パターンを作り、使いまわすことで、いつでも誰も短時間でミスなくこなす

■仕事のテンプレート化4つのメリット
 1.効率性(仕事の75%は定型化できる)
 2.生産性(定型化できない残り25%に専念できる)
 3.正確性(外部に記憶されるのでもれなく確実にできる)
 4.非属人化(人に仕事を任せることができる)

テンプレートの3つの種類

1.フォーマット(手紙の文例集、書類の定型書式など)
2.リスト(チェックリスト、データーベース、Tips集など)
3.マニュアル(作業フロー、スクリプト、カルテなど)

仕事をテンプレート化する3つの手順

1.「5W2H」で、その仕事の目的をはっきりさせる
2.目的を達成する要素を、時系列または大分類・中分類・小分類に沿って分類する
3.分類した項目をチェックリストやマニュアルに枠組みし、
 それぞれに効果的なやり方・注意点など、自分で経験し、
 記録・保存しておいた知見やコツを当てはめる

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く