体を若々しく潤す水の底力、若返りの水「氷結水」の作り方

2339viewsmegumegu

このエントリーをはてなブックマークに追加
万病を防ぐ「水」の飲み方・選び方 (講談社プラスアルファ文庫)

まえがき

水を制するものは健康を制す。
水を替えれば、体は確実に変わる。
水は血液やリンパ液となって体の隅々に栄養を運び
病原菌や老廃物を排出する。
私達の生命は毎日の飲み水に握られている。

体を若々しく潤す水の底力

・水を飲めば脳梗塞・心筋梗塞は防げる。
→飲料水にカルシウムやマグネシウム、鉄、銅、フッ素などのミネラルが豊富な
 硬度の高い水を飲む民族は脳梗塞や心筋梗塞がほとんど居ない。

・水は「がん」をも防ぐ。
→水道水には活性酸素を発生させる塩素やトリハロメタンが入っている。
 日常浴びている電磁波も活性酸素が発生する原因。
 良質の水を飲むことでそれらを中和して無毒化できる。

・みずみずしい体には風邪をも寄り付かない。
→ウィルスは乾燥した場所が好き。
 体内や室内を潤すことはウィルスを撃退する。
 水を飲むと咳や痰をだしやすくする。
 体調の悪い時には軟質の水が体に優しい。
 下痢によって水分不足になるとグアニジンという毒素が増えるその排除にも水が効く。

・水には新陳代謝を高め、老化を予防する力がある。
・痩せて筋肉質な人ほど水分が多い。

若返りの水「氷結水」の作り方

雪解け水、氷が溶けた水は生物を活性化する力がある。
冷凍庫で水を凍らせると中央が白くなる。
その部分には塩素やトリハロメタンなどの不純物が含まれる。
水は不純物を含まない部分から凍る。
①容器に水道水を入れる。
②冷凍庫で半分凍らせる。
③凍っていない水を捨てる。
④凍っている透明に凍った部分を溶かせばできあがり!!

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く