病気にならない一生の習慣!大病にならないためのシンプル7つの生活習慣とは

24015viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
病気にならない一生の習慣 (ワニブックスPLUS新書)

概要

誰でもすぐにできる健康のためのシンプルな習慣

大病にならないためのシンプル7つの生活習慣

1.とにかく今すぐ節煙する
 ・タバコは百害あって一利なし
 ・禁煙は無理でも、節煙を意識する

2.眠れなければ薬に頼ることも必要
 ・十分な睡眠をとれないと、免疫力が低下してしまう
 ・睡眠不足でイライラした毎日よりも、夜は安定剤で日中はにこやかに過ごす

3.まずは毎日歩こう
 ・有酸素運動で、血管を強くし、高血圧の予防・治療、中性脂肪を減らせる
 ・中でも、体に負担もなく、お金もかからず、長続きするのは「ウォーキング」

4.色の濃い野菜を食べる
 ・長寿の人ほど、血管年齢が若い
 ・血管を酸化ストレスから守るには、色の濃い野菜「緑黄色野菜」

5.食塩は1日10グラム未満
 ・塩分を摂りすぎると、血圧上昇につながってしまう
 ・まずは1日10グラム未満を心がける

6.男性も紫外線対策を
 ・紫外線のB波は、皮膚の老化を助長し、皮膚ガンを誘発する
 ・男性も紫外線を予防する習慣を身につける

7.「ハハハ」と笑える環境を作る
 ・ストレスが続くと、生活習慣病を悪化させてしまう
 ・よく笑うことで、ストレスホルモンを減少させられる

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く