働かない人間は「動物以下」です!獣医として有名な野村潤一郎の語る人生論

2445viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
ミミズに笑われない生き方

概要

獣医として有名な野村潤一郎の語る人生論「ミミズに笑われない生き方」を紹介します。

働かない人間は「動物以下」です

■仕事とは、他人のために自分の時間と知恵と体力を使うこと
 ・仕事とは、誰かのために己の人生を犠牲にする行為
 ・自分の利益だけを目的に仕事をする人は、バナナ欲しさにみっともない芸をするチンパンジーと一緒

■「法は正義」ではない
 ・立小便は違法でも、友情を裏切ることは法律違反ではない
 ・本当の法律は、皆の心の中にある正義

■当たり前のものを捨てて特化してみる
 ・究極の道具は、目的以外には使えない
 ・究極に進化した動物は、一定の環境でしか生きられない
 ・特別な何かを得るには、当たり前の何かを捨てる必要がある

■酒に酔うな、仕事の勝利に酔え!
 ・負け酒に酔わず、勝利の快感に酔う方が100万倍は気持ちがいい

■「若い頃に戻りたい」は負けた人の言葉
 ・若い頃に戻りたくないと答える男こそ、努力の末に成功を勝ち取った勝者
 ・いい年をして未熟な人は「あの頃に戻りたい」と願う
 ・仮に若い頃に戻れても、甘チャンだから今までと同じダメ人生を繰り返すだけ

■フリーターと正社員の絶対的な違い
 ・正社員は共に働く仲間たちと運命を共にするクルー
 ・つらい時でも逃げ出すことができない
 ・フリーターはいつでも好きな時にやめられるという無責任な状態に甘んじる寄生者
 ・責任を背負わず美味しいところだけ吸い取るから、社会から認められない

このまとめと関連のあるカテゴリー

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く