過剰に所有することをやめよう!シンプルに生きるための物との付き合い方

3361viewsmegumegu

このエントリーをはてなブックマークに追加
シンプルに生きる―変哲のないものに喜びをみつけ、味わう

過剰に所有することをやめてみましょう。すると、自分自身にかける時間が増やせます。体をケアし、心の中の整理をすると、自分の持っている可能性を再発見することができ、意欲がわいてきます。

はじめに

物質的な豊かさは、品格や美を約束してはくれません。
それどころか、私たちを、物の虜にし、心を破壊してしまいます。

シンプル主義の37か条

1 嫌なことは引き受けない
4 自分の家が火事になったと想定し、まず何を買うべきかリストを作ってみる
5 その場合買わなくてもすむものもリストアップする
6 好きだけれど一度も使用したことのないものは、写真を撮っておき、処分する
7 自分の経験を自分の欲求に照らし合わせた上で、迷いが出るものは捨てる
8 一年間一度も使わなかったものは、すべて捨てる
9 「大事なもの以外何もいらない」をおまじないにする
11欲求と必要の違いを区別できるようにする
12自分にとって必需品であると信じていたものがなくても、どれだけ「もちこたえられる」かを試してみる
14場所を移動させただけで「片付けた」と思わない
15シンプルにすることは「愛するものを排除するのではなく、
シアワセのために役にも立たず、貢献もしないものを排除するのだ」と自分に言い聞かせる 
25過去の買い物の失敗にとらわれない。それを捨てることで過ちを償えばいい。
30二流の選択を決して受け入れない。より完璧な状態に近づける。

ものと上手に付き合う方法

・ハンドバッグには、口紅一本と身分証、そしてお札一枚あればいい。
・住民一人当たりの所有物の平均はモンゴルで300、日本では6000個。
・身の回りのものは、旅行カバン1つ、もしくは二つに納まってしまうくらいまで減らす。
 

住まい

・埃の吹き溜まりになっている飾り棚の上のありとあらゆるものをすべて廃棄処分にしましょう!
・自分が選び抜いたもののみに囲まれた生活こそが理想。
・豊かさを得るためには、食べ物を一箇所にまとめ、
 その場所がいつもストックでいっぱいの状態にすること。

ファッション

・体を締め付けすぎる服、タブタブの服は優雅でないので処分する。
・中途半端な服や小さすぎる、大きすぎる、色あせた服は老けて見えるので処分する。
・「女性が自分は完璧に着こなしていると思っている場合、
 その状態の自分を放念できる。それを魅力と呼ぶのである。」

ワードローブの再点検

本当に好きな服だけをとっておきます。
以下の服はすべて思い切って処分してしまいましょう。
・あなたに似合わない服
・着古した服
・なぜだか解らないけれど一度も着ていない服
・空しい夢だけに終わった服
・買って失敗したと思っているけれどもとってある服
・フラストレーションの弾みで衝動買いした服

お金の管理

・お金を失う原因は思い出すこともできない小さな出費の積み重ね。
・自分のだらしなさがお金とエネルギーの無駄遣いにつながる。

美容

・体のケアを充実させていくうちに、自分の容姿の欠点が気にならなくなる。
・ボディブラッシングでリンパの流れを良くし、肌の黒ずみやざらつき、甘皮の処理もできる。
・料理に使うオイルで化粧落としと保湿ができる。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く