就職活動は大いなる茶番劇!?就活のバカヤロー

4365viewsyukasiyukasi

このエントリーをはてなブックマークに追加
就活のバカヤロー (光文社新書)

目次が良くできているので、ほとんど目次にちょっとだけ追加。

はじめに

□ 就職活動は大いなる茶番劇

第1章 就活生はイタすぎる

□ 「こんな漢字も書けないのか」
  行きたい会社の名前くらい、正確に。キャノンじゃないよ、キヤノンだよ。
□ 学生の「自己分析」はイタすぎる
  ”そもそも、今まで何も考えずに生きてきたバカ学生に自己分析をしろと言っても無理がある。「バカでした!」という答えしか出てこないではないか。
□ 何人いるんだ?「私はテニスサークルの代表でした」人間
  ”このようにして、「就活のための学生時代」ができあがっていく”
□ 納豆人間にはウンザリだ
  ”私は納豆のようにねばり強い人間です。<中略> このねばり強さを御社でも活かしていきたいと思います!”
□ 「勝利の方程式」は惨敗への近道
  ”「昨年度の決まり文句、みんな言っていました」”
□ 99%の学生にとって、資格は無意味
□ 「浪人」「留年」が有利に働くことも
□ 人事が悩む学生の「トホホ質問」
□ 「みんなの就職活動日記」でみんな失敗
□ 一発芸は宴会でやってくれ
□ 苦労したのは君じゃない
  ”「ーーこのような、きびしい家庭環境のなかで、私は育ってきました」(学生)
   「そうですか。大変でしたねぇ(でも、がんばったのは君じゃなくてお母様なのでは?)」(面接官)”
□ 「好き」だけで一点突破しようとする学生たち
□ 「体育会は有利」神話
□ 帰国子女?だから?
□ 「最後に何か質問は?」にどう答えるべきか

第2章 大学にとって「就活はいい迷惑」

□ 現在の大学が抱える「ジレンマ」
□ 徹底支援、熱血支援と言うけれど・・・
□ 就活は大学1年から「始めさせられる」
□ 「うちの就職課は使えねえ」
□ 学歴差別はわざとか、それとも結果論か
  ”外れの人材であっても、言い訳には「外れがない」”
□ 「学歴じゃんけん」に負けていじける低偏差値学生
□ 慶応・理工系大の「無意識化の就活」
  ”このような、卒業生や外部との接点が多いことが「無意識化の就活」である”
□ 法政大のスパルタ講座「ペットボトルをしまいなさい」
□ 難関大への学歴「逆差別」
  ”「親以外で、接点のある社会人は何人いるか?」「小中高の同級生以外で違う大学の友人は何人いるか?」”

第3章 企業の「就活」 真相はこうだ

□ 新卒採用担当者のお仕事
□ 企業の採用戦略はこうやって決まる
□ 「求める人材像」を知ってどうするの?
  ”実は、学生の間では、「求める人材像」についての大きな誤解が起こっている。それは、各社の「求める人材像」通りに演技しなければならない、という妙な誤解である”
□ 就職人気企業ランキング「あそこには負けられない」
□ 学生に嫌われたら、さようなら
□ すべては「広告」である
□ 採用広告「このNGワードに騙されるな」
  【コンサルティング営業】要するに営業
  【基本給28万円!】手当含めて考えないと
  【職種別採用】希望通り進んだところで、実はギャップ
  【働きやすさ】各個人によってバラバラ
  【若手や女性が活躍できる職場です】活躍という言葉に騙されてはいけない
  【離職率が低い】離職率だけを気にしても仕方ない
□ 出てくる社員は「会社が用意した人材」
□ 企業のウソを見抜く方法
□ OB・OG訪問は「見られている」
□ エントリーシート全員通過企業の本音
□ 面接官はアマチュアだらけ
□ 学生はお客様!?過保護な「学生フォロー」
□ ついに企業説明会に親が参戦
□ 新卒採用担当者も悩んでいる
  ”結局、この「成果が見えにくい」こと、そして、「直接的に価値を生み出していない」ことが、新卒採用担当の仕事の悩みである”

第4章 インターンなんてやりたくない

□ いつの間にか就活の一部となった「インターンシップ」
  ”本来の姿とは異なるものになってしまっている”
□ 企業の本音は「やらざるをえない」
□ 企業がひねりだした「1日インターン」
□ 俺ってもしかしてアルバイト?
  ”しかし、これも、仕事体験と言えるのだろうか?”
□ そんなに他社を妨害したいのか!
□ インターンに参加すれば有利、は本当か?
□ インターンに難関大生が集う理由

第5章 マッチポンプで儲ける就職情報会社

□ 就職情報会社の顔ぶれ
□ 就活、採活を牛耳る「陰の支配者」
□ ナビサイトはドル箱商品
□ フェスティバル化する合同企業説明会
□ リクルートの牙城を崩せるか?
□ 不人気企業は搾取される
□ 電通のナビサイトがシンプルな理由
□ 就職情報会社は本当に悪なのか?

おわりに

□ バカヤローは誰なのか?

字数が

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く