究極の入浴法もあるの?50歳からの健康寿命をのばす習慣

2372viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
50歳からの 健康寿命をのばすワザ

健康寿命を伸ばす習慣

■究極の入浴法
 ・湯の温度:38~40度
 ・湯船につかる時間:15~30分
 ・湯船に浸かりながら歯磨き
 ・湯上りは温かくして30~60分安静に

■右利きは右を、左利きは左を念入りに歯磨き
 ・歯周病は、動脈硬化などの生活習慣病との関連性も指摘されている
 ・右利きほど右、左利きほど左に歯周病が出来やすい

■定年後こそ、欲に忠実に生きる
 ・欲がなくなると、意欲の低下が起き、脳の働きが鈍くなる
 ・脳にとって「欲張りは美徳」

■パソコンよりも料理が脳にいい
 ・大脳は同じ作業をすることを嫌う
 ・ブラインドタッチなど慣れきった作業では、前頭前夜の働きは低下する
 ・料理は脳を休みなく使い働かせる
 ・メニューがマンネリ化すると、脳も働かないので新しいメニューに挑戦する

■脳をよい状態にする3つの習慣
 ・よく噛むこと
 ・規則正しい3度の食事
 ・姿勢をよくして、充分な酸素を取り入れる

■深呼吸をするとハッピーホルモンが分泌
 ・深呼吸を続けると、ちょっと苦しくなる
 ・脳は呼吸困難を感じると、セロトニンを分泌する
 ・セロトニンはハッピーホルモンで、気分がハッピーになり、やる気もわいてくる

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く