部下に好かれようとするな!上司のやってはいけない6つのこと

11446viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
上司のやってはいけない!

概要

残念な上司にならないための95の項目よりポイント紹介!

上司のやってはいけない!

■「これぐらいわかっているだろう」と思ってしまう
 ・「これぐらいわかっているだろう」は今の時代には通用しない
 ・頼むときは、バカ丁寧に説明するほうが仕事の生産性が高まる
 ・やり直しにかかるコストを考えれば、最初に丁寧に説明したほうが効率的

■部下に好かれようとする
 ・会社が上司に求めることは、部下を使って業務をこなし、収益を上げること
 ・好かれる上司になったからといって、上司としての評価は関係ない
 ・結果を出してこそ、上司としての存在価値がある

■コーチングなどの技法に頼る
 ・コーチングが有効なのは、あくまでも基礎がマスターできている人の話
 ・コーチングよりも、基礎を徹底して伝えることが重要

■すぐに答えを与えてしまう
 ・ビジネスではどれの答えが最適かなんてのは現場に即してみないとわからない
 ・現場で通用するのは、どれだけ考え抜いたか、試したかにかかっている
 ・考え抜く癖がつくと、他の場面でも応用でき、自分なりの解決策を見出せる

■背中で教える上司に憧れてしまう
 ・上司の背中を見て成長し成功体験を得るというやり方は今の時代に通用しない
 ・重要なのは、徹底的に部下に納得をさせること
 ・部下が納得すれば、自分自身と約束し、成長してくれる

■部下から学ぼうとしない
 ・部下というは上司の鏡
 ・部下がやっていることは、上司である自分がやっていること
 ・部下を見れば、自分の良い点・悪い点がわかり、成長できる

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く