「水分の摂りすぎ」は健康に害を与える習慣だった!キケンな水毒症の原因と水毒症を防ぐ6つの食べ物

2771viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
「水分の摂りすぎ」はこんなに恐い (健康人新書)

水分の摂りすぎは万病のもと

■「水」と「冷え」と「痛み」の関係性の一例
 ・冷房に当たりすぎると頭が痛くなる(「冷え」が「痛み」を生む)
 ・雨が降ると神経痛や腰痛がひどくなる(「水」が「痛み」につながる)
 ・雨に濡れると体が冷える(「水」が「冷え」につながる)

■体が冷えると免疫力が低下する
 ・体温は1度上昇すると、免疫力が5~6倍になる
 ・体温が1度下がると、代謝が12%低下し、免疫力も30%以上減少する

キケンな水毒症

■危険な水毒症状のサイン
 ・水毒症:水が全体では余っているのに、足りていないところがあると求める
 ・嘔吐、頻尿などの「水分」が体外に出てくるのは、体が水分を摂りすぎているサイン

■水毒による病気の症状
 ・痛み
 ・肥満(特に水太り)
 ・アレルギー
 ・高血圧
 ・血栓症
 ・頻脈・不整脈
 ・心不全
 ・めまい・耳鳴り
 ・緑内障
 ・てんかん
 ・コレステロール・中性脂肪・血糖の高値
 ・ガン
 ・うつ病

水毒症を防ぐ習慣

■効果的な6つの食べ物
 1.黒、赤、橙、黄色の食品
 2.北方産の食品
 3.硬い食品
 4.熱を加えたもの 発酵させたもの
 5.動物性の食品
 6.塩分を加えた食品

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く