登場キャラは6割増し!ふおんコネクト! 2の書評・感想

1776views旧書店員@穀潰旧書店員@穀潰

このエントリーをはてなブックマークに追加
ふおんコネクト! 2 (まんがタイムKRコミックス)

登場キャラは6割増し、画面密度は20割増し、隠しネタは測定不能

深いパロディネタと限りないサービス精神をさらに満載させた第二巻

 書き下ろしのカラーページの次は初詣の季節ネタ――

 表紙絵の服はゲッターロボのパロディ
 絵馬のデザインは宇宙戦艦ヤマトから
 神様のコスプレ衣装はドラゴンボールの神様
 そこに書かれた「チェーンソー禁止」の文字はGBソフトSagaのラスボスが神様で、アイテム「チェーンソー」を使うと一撃で倒せることが元ネタ
「等価交換」という台詞にパンッと手を叩くのは「鋼の錬金術師」ですね

 …………開始4ページでこれかよ
(実際はタイトルとか凄く分かりにくいネタが3倍ほど含まれますが割愛します)

 前巻の隠し要素が好評だったのかパロディ率が半端なく跳ね上がった本作

 前回以上に背景に、4コマごとのタイトルに、台詞の中に、元ネタつきのパロディが満載

 「強力招雷」という言葉は特撮作品イナズマンが元ネタとか
 ファイヤークレストというアイテムはゲーム『タクティクスオウガ』で廃人プレイをしないと入手できない超レアアイテとか

 「どれくらいの人間が分かるんだ?」というマニアックなものから、ライトなネタなど幅広い読者へと間口を広げています

 50回は読み返せるコストパフォーマンスのよさに脱帽

 さらに特筆すべきは同級生や後輩の出番が上がったこと
 キャラが増えて人とのつながりがアップし、人との付き合いの少なかった交流にも心情の変化が見て取れます

 また、季節ネタも「運動会を町内のイベント化してテレビでも放送」とか
 「利権がらみで大混乱の生徒会選挙」とか
 とっぴなアイデアが目白押し。
 

 「こんな楽しい学生生活をおくってみたい」と思うこと請け合いです

 なお本作では「高校二年生をもう一度ループしてやり直す」という珍しい措置がとられています

      人気が有れば延長して同学年を繰り返す

 これは普通のマンガではよくあることですが

 「二年生のネタがまだ残っているので少し延長する」

 という理由で繰り返しを行った作品は4コマ漫画ではこれが初だと思います

 「一巻の売上が悪かったら二巻を出さずに連載も強制終了」させられる単行本の売上が全ての四コマ漫画業界(本当です)

 この世界でこうした処置が容認されたのは、とても高い支持がないと不可能です。

 出版社も商売なので人気の無い作品にそこまで冒険はさせません
 そうした試みを許すだけの力が本作にはこの時点である。と判断させるだけの力があり、実際その判断は正しかったのです

  本作は理解ある編集者と読者によって幸せな連載ができたと言えるでしょう

 なお興味のある方は「ふおんコネクト 元ネタ」で検索してみると面白いと思います

 そこには膨大なネタの解説が有志によってまとめられ、その努力に「よくここまでチェックしたものだ」と感動できます

 本作で使われた元ネタはどれも面白い名作ぞろい
 あなたの漫画ライフで新たな作品への発見とつながるきっかけになれば幸いです

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く