みんなでちからをあわせて かぶをぬけ!「おおきなかぶ―ロシア民話」の内容・感想

2440viewsreading_boxreading_box

このエントリーをはてなブックマークに追加
おおきなかぶ―ロシア民話(こどものとも絵本)

内容

おじいさんがかぶを植えたら、とてつもなく大きなかぶができました。

おじいさんが引っぱってもかぶは抜けません。

そこでおばあさんが手伝います。

それでもかぶは抜けません。

そこで孫娘をよんできました。

三人は力をあわせてかぶを抜きます。

やっぱりだめ。

犬をよび、ねこをよび、ついにはねずみまでよんできていっしょに引っぱったら…

感想

 この話を聞いている子どもはお話を聞くだけでなく、そのお話に参加ができ、まるで綱引きに勝ったような気分になれます。
 さらには一人の力でなく、みんなが力をあわせることのすばらしさを知ることができます。しかも人間だけでなく、動物までも一緒に力をあわせたのですから、かぶが抜けた時の満足感は格別です。
 この絵本はロシアの民話を再現したもので、単純な展開にもかかわらず、お話として実によくできています。小さな力でも、ひとつになれば大きな力なるという、庶民の思いと、豊かな恵みをもたらしてくれる自然への喜びを語ります。
 「うんとこしょ どっこいしょ」というかけ声で大きなかぶを引き抜く面白さが幼児の共感を呼びです。文章とマッチした臨場感のある絵も迫力があります。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く