たとえ1円にだって、あなたをしあわせにしようとするプライドがあります。金縁の法則を紹介!

1481viewsmegumegu

このエントリーをはてなブックマークに追加
ご利益 人生が豊かになる!金縁の法則

地球に暮らす僕らの人生は長いようで短く、宇宙から見たらあっという間の出来事です。足りないものを見つめている時間はありません。どんな時でも光に焦点を当てること。それがリッチな生き方なのです。

たとえ1円にだって、あなたをしあわせにしようとするプライドがあります。

そんなお金の心意気を、無にする言葉は避けましょう。
例:「お金がな~い!」「これっぽちじゃ何も買えない」

謙遜する人はお金に愛されにくい

「私なんか・・」は折角あなたに近づこうとしているお金を追い返すことになります。

お金が欲しいと思わない

宇宙はあなたの味方。いつもどんな時でも、あなたの気持ちが持続するように取り計らってくれますから
お金が欲しいと思うことは”いつでもお金を追いかけていたい”ということであって
ずっとお金を求めてやまない現実が続いてしまう。

縁は円なり。

意味が無ければ巡り会わないのが人と人。
お金は人を介してあなたの元へとやってきて
人を介して旅立っていくもの。

あなたがお金に縁遠いワケ

「頑張っているのに来てくれない」「来てもすぐに出て行ってしまう」
これらのお金の悩みは実はお金ではなくあなた自身が原因です。

もとをとらない

元を取ろうという気持ちはお金の恵を享受できていないことを示す、とても鈍感な言葉。
目に見えないお金からの恵に気づけた時お金はあなたを好きになります。

公共料金は喜んで払います

家賃、公共料金、税金などまるで”取り立て”のように感じてしまう。
しかしこれらをなくしてしまったら、大きな損失を被ることに早く気づいておこう。
自分のために使われているのだから、”今月も頼んだよ!”と別れ際は潔く、さわやかに!

当たるつもりで宝くじを買う

「どうせ当たりっこないけど、もしかしたら・・」と買うのは
がっかりしない為の逃げ口上。
でもそれは”期待しつつも拒む”というお金を馬鹿にしてるふざけたせりふなのです。

いつも気に入ったものだけを買っています

「ムダ遣いをしてはいけない」という言葉は、お金が減ることそのものを危惧するのでなく
お金を傷つけない戒め。
喜びが湧き出るものをお金をひきかえるようにする。

ビビッという直感には素直に従います!

ビビッという感覚は、あなたの潜在意識からのメッセージです。
これは本能とも言うべき原始的な欲求ですから、必要か否か疑う余地などありません。
ひらめきを信じれば必要かつ本当に欲しいものが確実に手に入ります。

迷った時は買うのをやめます

AかBか迷った時にどちらかに決めるという決断をムリにするより。
どちらもやめてしまおう。

心の声に従えば、買い物での失敗はなくなる

支払った時に、そのお金を”もったいない!”と感じてしまうのは、心から納得のいくものを買っていないという証拠。

あなたが欲しいものを手にできないワケ

買う前に吟味しどれだけ心豊かになれたかで手にしたものの輝きが変わります。
買ったらどのような気持ちになるかあれこれ想像してみて
その過程も楽しみ、その上で納得して買ったものなら一生の宝物になるでしょう。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く