ウェブ進化 最終形 「HTML5」が世界を変えるの書評・感想

2544viewsKaPiWaGiKaPiWaGi

このエントリーをはてなブックマークに追加
ウェブ進化 最終形 「HTML5」が世界を変える (朝日新書)

「HTML5」
その名前を聞いたことのある人も少なくはないと思う。これはHTMLをさらに発展させた次世代型のウェブ技術を指す言葉である。従来のHTMLで作られたホームページは基本的に「何かを見るためのホームページ」だったが、このHTML5はそれを「何かをするためのホームページ」というひとつ上の段階へと引き上げる。
本書ではこのHTML5の概要がまとめられ、それがもたらす可能性を展望している。

HTML5とは

今後、このHTML5が世界標準のプラットフォームになったとき、あらゆる企業がその基盤の上で自由にビジネスを展開することができるようになる。わざわざ力を持った企業が用意するプラットフォームにコンテンツをのせる必要がなくなって参入障壁が低くなるため、ベンチャーなど小さな会社がビジネスの自律性を勝ち得るチャンスとなるのだ。
先に述べたように、HTMLは基本的に「何かを見るため」のプラットフォームであったが、HTML5はブラウザ上でさまざまな情報処理をするためのプラットフォームである。通常OS上で実行されるアプリをウェブブラウザ上で直接実行することができるようになるのである。しかしなぜアプリをウェブ上で実行する必要があるのか。その背景には、情報端末の多様化があげられる。HTML5の技術を使えばiPhoneをはじめとするスマートフォン、iPadなどのタブレット端末など、急速に普及している携帯情報端末の複数のデバイス間でアプリやデータを同期する手間が省くことができるし、ブラウザで直接様々なアプリを実行できればユーザビリティは向上する。またHTML5はオープンプラットフォームである。要するにHTML5でアプリやコンテンツを作れば、どんな端末に向けてもそれらを売ることができるため、ソフト開発者は市場の心配をせずにソフト開発へより集中して取り組むことができるようになる。

「Web of things」の時代

「Web of things—全てのものがウェブにつながる」という構想が、"www"を考案・開発したティム・バーナーズ=リー氏によって提唱された。これまでさまざまなデバイスをインターネットにつなごうという試みはあるにはあった。しかし「無線インターネットの不整備」と「共通インターフェースの不在」という二つの要因が普及を阻んだ。無線インターネットはWi-Fiや3Gの整備によって解決された。そして残る共通インターフェースの有力候補がHTML5なのである。パソコン、スマホ、タブレット端末はもちろんのこと、テレビ、自動車、白物家電すらもインターネットにつなぎ、さらにHTML5という共通言語を追加することで異なるメーカー、製品、機種が有機的に結合することになる。それが「Web of things」の目指す形である。

日本企業のこれから

日本企業にとってHTML5の導入はチャンスであると著者は述べる。ネットにつながるテレビはすでに国内でもいくつか発売されているが、それは国内規格によるものである。国内規格は海外メーカーの国内流入を阻止することに寄与したが、長期的にみればHTML5を導入すべきなのである。モノとウェブとを融合させる「Web of things」の時代、日本は欧米巨大企業にくらべて大きなアドバンテージを持っている。Appleは少数精鋭の製品郡で勝負するため、次から次へと新種ネット端末が登場する「Web of things」には対応できない。Googleはソフト開発はお手のものだが、ハードの開発は大の苦手であるため、モノとウェブが密接に結びつく「Web of things」にはやはり対応できない。日本企業にとって最大の課題は海外企業をどのように駆逐することもあるがそれ以上に、異なるメーカー、製品、機種をつなげる共通プラットフォームを企業間でいかに協調して構築できるかどうかである。

感想

日本は国内規格を堅持しようとする傾向が強いように思う。ガラケー、FeliCa、ネットテレビ、電子書籍の規格など、例をあげればたくさんある。これからの日本国内市場は少子高齢化という要因もあり、縮小の一途をたどっている。にもかかわらず、国内市場で勝負しようとすることに未だに強く固執しているということが、この国内規格乱立に強く現れてしまっているようにおもう。すでに世界での多くのシェアはgoogleやAppleの下にある。そのような状況で国内企業が「グローバルスタンダードにする」という野望を抱いたところで効率が悪いだけのように思えて仕方がない。HTML5の普及とともに、日本はより外向きにならなければならないと感じた。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く