問題解決という行為に対する基本的な思考法と効率的な思考体系を明示。

1910viewsTanarinkoTanarinko

このエントリーをはてなブックマークに追加
新版 問題解決プロフェッショナル―思考と技術

構成

1.思考編
2.技術編
3.プロセス編
4.実践編
の4章である。

2つの思考

ゼロベース思考:既存の枠を取り外す
 :ポイント→・自分の狭い枠の中で否定に走らない
       ・顧客にとっての価値を考える 

仮説思考:常にその時点での結論を持ってアクションを起こす
 :ポイント:・アクションに結びつく結論を常に持つ(結論の仮説)
       ・結論に導く背後の理由やメカニズムを考える(理由の仮説)
       ・ベストを考えるよりもベターを実行する(スピード重視)

仮説思考ではある結論をとりあえず出して、「so what?(だから何?)」を繰り返す。

2つの技術

MECE(Mutually Exclusive Collectively Exhaustive、メッシー):モレなしかつダブリなし
   :ポイント:・モレによって的を外していないか?
        :・ダブリによって効率を阻害していないか?
        :・MECEでとらえ、最後に優先順位をつけているか?
     

ダブリはないがモレがある、あるいはその逆になることは往々にしてあるので常に検証することが大事である。

3C+1C:Customer(顧客),Company(自社),Competitor(競合) + Channel(流通チャンネル)のこと。

     4P:Product,Price,Place,Promotion

ロジックツリー:問題の原因を深堀したり、解決策を具体化するときに、限られた時間の中で広がりと深さを追求するのに役立つ技術
 :ポイント:・モレやダブリを未然にチェックできる
      :・原因・解決策を具体的に落とし込める
      :・各内容の因果関係を明らかにできる

<原因追求>「why?(なんで?)」と自問自答し続けることで、原因を突き止める。繰り返すことで、問題の裏返しの解が解決策として通用してくるかもしれない。

<解決策の具体化>「So how?(だからどうする)」を繰り返す。
    ポイント:・的を外さないこと
        :・すぐにアクションに結びつくような具体性があること 

<フレームワークの作成>
 「so how?」を繰り返し、MECEになるようにレベルダウンしながら解決策を具体化していく。
  (階層が下がっていくほど具体的になるようにしていく。)
    ポイント:・各レベルができるだけMECEか
         ・ツリーの右側が具体的な原因や解決策になっているか
         ・具体的な原因や解決策がロジックの因果関係で主要課題にリンクしているか

ソリューションシステム

ソリューションシステムは今までの思考と技術を組み合わせて使う。

1.課題の設定(主要課題の設定→個別課題の設定)
2.解決策の仮説を立てる
3.解決策を検証・評価する
このプロセスを効率的に行うために、ソリューション・システムシートを用いるのがよい。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く