ぼくたちは、銀行を作った。 ソニー銀行インサイド・ストーリーの書評・感想

1664viewsくまくまくまくま

このエントリーをはてなブックマークに追加
ぼくたちは、銀行を作った。 ソニー銀行インサイド・ストーリー

 お金のことについてちょっとまじめに考える時間があって、色々調べた結果、開設して見ようと思ったのがソニー銀行の口座。そんな銀行の創業物語が本になっていることを知ったので購入してみました。

 今でもそうですが、日本にはお金が不浄だという考え方が根付いています。最近の金融関係の騒動を見ても分かりますが、お金儲けは邪道だという考え方が主流です。でも、そんなはずは無いのです。だって、お金は何かの代償として得られているものなのだから、元の何かに価値があるのならば、その代償にだって同等の価値があるはずなのです。
 一方で、お金を扱う側、例えば銀行で嫌な思いをした経験は、きっと誰にでもあることでしょう。全てを数字で判断するやり方には怖気がするかも知れません。しかし、本書で描かれる銀行には、そんな冷たさはありません。創業に関わった人々の、熱い想いが感じられます。

感想

 銀行というのはお金という情報を扱う商売です。ましてやインターネット銀行はその際たるものです。しかし、本書はそのシステムの面を全く見せません。数多くの魅力的な人々の行動を描くことにより、間接的にソニー銀行を描いているのです。これは、非常に巧妙な手法だと思います。冷たいシステムには共感できないけれど、熱い想いには感動を覚えることができるからです。
 ビジネス書として本書を読むのは薦められません。何せ、苦労話がほとんどありませんから。でも、何かを始めようとするエネルギーを得たい人には薦められます。0からはじめる物語にはなかなか出会えませんから。

 今後も、創業時の想いが受け継がれ続けることを願って…

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く