入門 信頼性工学の書評・感想

1802viewsくまくまくまくま

このエントリーをはてなブックマークに追加
入門 信頼性工学 - 確率・統計の信頼性への適用

 それまではまったく知らなかったのだが、勉強する必要に迫られて信頼性工学の本を探してみた。そんなに高くなかったことと、ごく最近出版された本だったことから購入。
 設備信頼性の評価で使用する統計の基本や、その計算方法なども比較的豊富に書かれており、入門的な教科書といえる。大学の講義経験をまとめたという前書きも伊達ではない。ボクはまったくこの分野は素人だが、統計の基本と微積分を知っていれば、十分に読みこなすことができると感じた。

感想

 ワイブル分布って何?とか、FMEAの評価軸って何なの?とか、どうやったら測定値から累積故障確率を推定できるんだよっ!とかいう人にお薦め。そんなことは知っている、という人は読まなくても良いと思う。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く