失敗から学ぶビジネスの真実

1797viewshisahisahisahisa

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビジネス真実践

ビジネスで失敗する5つのポイント

行動力のない人:そのうちやります、◯◯があれば…が口癖な人

仕事を単なる作業として取り組むと失敗する

お客様を集めるという発想や思考では失敗する:お客様を「集める」ではなく「集まってくる」という発想や思考にする

お客様の誕生日にセールDMを送ると失敗する

お願いするだけの連絡は信頼・信用をなくす

ビジネスで実践すべきポイント

成功事例に目を向けるのもいいですが、その成功事例が生み出されるまでの幾多の失敗例にもきちんと目を向けましょう。

どうしてお店が繁盛するでしょうか?商売にとって、一番大切なものを見失うことほど恐いものはない。

業績の良い会社ほど、忙しさや時間のせいにはしません。放棄型のタイプは、自分自身の行動力のなさを美化しているに過ぎない。

言い訳や自分への甘えは自分の利益に影響する。

やらされ感だけでは成長は望めない。

モチベーションが下がった時のために、過去の自分自身のちょっとした成功体験(どんな些細なことでも構わない) をノートに列挙し、いつでも思いだせるように準備しておく。

結果的に生き残るのは、結局、信念や軸を守りきり、正しいPR活動を継続している会社やお店だけ。

異業種交流会はあちこちで頻繁に行われていますが、大抵「自分の仕事になれば」、「今後自分のためになる人と繋がれれば」という下心満載の参加者で埋め尽くされています。ですから、みんな自分のことを一生懸命売り込む人ばかりなので、結局名刺交換してもそれっきり。その後メールで、「先日名刺交換させていただいた◯◯です。お会いできてよかったです。今後ともよろしくお願いします」で終わりなのです。そんなものは人脈とは言いません。

感想

成功談より失敗談!失敗から学ぶビジネス本としておすすめです!

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く