「3年間くらいは捨ててしまいなさい」おとなのひとにいってほしかった24のことの名言

67973viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
おとなのひとにいってほしかった24のこと

おとなのひとにいってほしかった24のことの名言

■「世界は自分中心に回っていない」
 ・自分は特別に選ばれて生まれてきた存在ではない
 ・取り得もないのに、受身でじっとしていて何か良いことを期待するのは虫のいい話

■「何をしていいのかわからないといってはいけない」
 ・分からないというのは、自分で責任を持ちたくない言い訳
 ・分からないからこそ、学ぶが大切

■「いま見えているものは見えているとおりではない」
 ・大切なことは、裏側の見えないところにいつも潜んでいる
 ・見抜くためには自分で調べて考えて、見えない部分を想像して判断する

■「自分の得意なこと以外してはいけない」
 ・苦手なことをいくら頑張っても、得意な人には絶対にかなわない
 ・「努力」と「頑張る」は得意なことをしてこそ活かされる

■「3年間くらいは捨ててしまいなさい」
 ・若いうちの2,3年間は一瞬の出来事でないに等しい
 ・3年間、ないつもりで頑張れば何でもできる

■「生きていることなんかに意味はない」
 ・「生きる意味が何か」より「生きる意味があった」と思える生き方をする

■「一番になってはいけない」
 ・競争するべきは、ほかではなく自分自身

■「上をめざすな」
 ・上には切りがなく、無限という限りないものになってしまう
 ・早く自分の身の程をわきまえ、残りの力は向上ではなく持続に使うべき

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く