おなかを凹ませる(ドローイング)ことで腹だけ痩せることができる。

3430viewsatsumoatsumo

このエントリーをはてなブックマークに追加
腹だけ痩せる技術 (メディアファクトリー新書)

ドローイングの基本

・ドローイングの基本
1 背筋を伸ばす。顎は出さない。
2 肩を後ろに引く。上ではない。後ろ。
3 おなかを凹ませる。肩が上がってないか、息をとめてないか。

食事制限・筋トレ・有酸素運動

・食事制限の限界
 1痩せる部分が選べない。
 2おなかの形が変わらない。
 3体質が変化して痩せにくくなる(脂肪を溜め込みやすくなる)

・筋トレの限界
筋トレは筋肉を増やして、基礎代謝を上げて脂肪を増やすためのもの。続ければ効果はあるがおなか痩せには効かない
(むしろお腹に筋肉がつく)

・有酸素運動の限界
食欲がわいて逆効果になることが。
痩せる部分は選べない。

・ドローイングしながらのウォーキングで消費カロリーアップできる。

体重と体脂肪

・現代人は運動不足ではなく、活動不足

・脂肪の機能はいざというときのエネルギー源。溜まってもいい場所にたまる。豚、牛でもバラ肉には脂がたっぷり。

・脂肪がエネルギーとして使われるには
1脂肪細胞に蓄えられている中性脂肪が分解され、遊離脂肪酸として血液中に放出される。
2遊離脂肪酸が筋肉や臓器に取り入れられてエネルギーとして消費される

・エネルギー源としての脂肪に作られるのは主に脂質と炭水化物。

・筋肉は使ったなりに形を変えていく。繰り返すことで形状記憶する。

・脂肪は1g=7kcal
250kcal消費したとして35.7g そのうち脂肪から取り出したエネルギーは半分くらい
つまり20gくらい。
→運動で落ちている体重はほとんど水分

感想

ドローイングがなぜ腹だけやせるのに有効かがきちんとロジカルに書かれているためやってみようという気になる。読者は30〜40代の男性、頭で充分納得しないと行動に移しにくい層にぴったり。
行動売れている本はそれなりに理由があるのだなあ。
まとめというよりは自分がためになった点のメモなので気になったかたは是非一読を。。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く