記録するとうまくいくよ!あらゆる記録をライフログする方法・メリットなど

5838viewshigmagmahigmagma

このエントリーをはてなブックマークに追加
記録するだけでうまくいく

日記・アルバム・家計簿・健康管理ノート・運動記録・仕事メモなど、あらゆる記録=「ライフログ」をつけて、「続かない」「覚えられない」「面倒くさい」...そんなもやもやをすべて解決!

ライフログとは

・ライフログとは「記憶のバックアップ」

・ライフログは基本的にEvernoteに蓄積していく
 → Evernote=「デジタルノート」
 → iPhone、アプリなどを利用して、最終的にはEvernoteですべてを集約

・Evernoteでは日付情報とタグを用いて、集約した情報を検索・抽出し、活用する

ライフログの6つのメリット

・体験を再生できる
・記憶力が良くなる
・仕事に役立つ
・習慣を作り、自分の成長につながる
・体験を共有できる
・整理できる

ライフログをとる人の3つのタイプ

・日々の出来事を記録するタイプ
 → 記録を蓄積していく
 → 日記や食事の記録など

・変化する数値に注目するタイプ
 → 変化をチェックする
 → ダイエットログや、ランニングログなど

・上記2つのタイプを合わせたタイプ
 → 全部やりたいという欲張りさん

ライフログ活用法

●お金を記録しよう

・いつどこでお金を使ったかの記録
 → 自分がどのような行動を取ったかの詳細な記録になる

・貯金を増やしたいと思ったときに必要なこと
 → 貯金したいという気持ち
 → 収支の記録をとること

・いつ・何を・いくらで買ったのかを記録する

●ランニングを記録しよう

・走ったときには記録する、というルールだけは守る
 → サボってしまっても気にしないという位の心構えではじめる
 → 記録がたまるにつれ、やめるのがもったいなくなる

●ダイエットを記録しよう

・なぜ記録するだけでやせるのか
 → レコーディングダイエットの考え方
 → 無意識のうちに食べていたようなものは食べなくなる
 → 記録するのが面倒だと思う程度の欲求では食べなくなる

・うまくいかないときの心強い見方
 → 今までやってきた分を見返してがんばってきた自分を認める
 → うまくいってる時の記録を見返して参考にする

●おいしい食事を記録しよう

・フードログは写真に残す

・ゴールを決めておく
 → 店の場所、カロリーなどを含めていくと、項目が増えてどんどん面倒に...
 → 写真あればOK、食事内容が思い出せればOK、などの基準を決めておく

●読書を記録しよう

・蔵書管理で知っておきたいこと(読書ログをつければ解決できること)
 → ある本を持っているか持っていないか
 → ある本を読んだか読んでいないか
 → 今読むべき本はどれか

・引用や撮影したページには「ただひとつだけタグをつける」
 → そのタグに、複数の書籍からの引用を集める

●仕事を記録しよう

・自分の時間感覚は支離滅裂
 → 感覚と現実の間にズレがあるため、実際にかかる時間を間違って見積もってしまう
 → ワークログをとれば、正確な時間が見積もれるようになる

・ワークログに必要な要素
 → 時間軸に沿って記録すれば、プロジェクトやイベントの流れがわかる
 → プロジェクト(企画)・タスク(行動)・開始日時・終了日時を記録する

感想

Evernote以外のアプリやサービスも、使い方や設定などが分かりやすく解説されていますが、日々どんどん変わる情報のため、ここではまとめませんでした。

記録するだけでうまくいく

記録するだけでうまくいく

  • 佐々木正悟,富さやか

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く