「お金持ち」はどんなところに住んでいるのか?日本のお金持ち研究

3406viewsmegumegu

このエントリーをはてなブックマークに追加
新・日本のお金持ち研究

前著「日本のお金持ち研究」が誰がどのようにしてお金持ちになったかの分析だったのに対して本書はお金持ちが何を考えており、自分の生活をどのように判断し、かつ、どのような行動をとっているかに注目する。

「お金持ち」は何を考え、どう行動しているか

・「地方の大地主」はもはや存在しない。
・ビジネスの成功者は大都会に多くいる。
・地方のお金持ちの8割が医者。

「お金持ち」はどんなところに住んでいるのか

1位東京
2位神奈川
3位愛知
4位兵庫

お金持ちの消費スタイル

■日本のお金持ちは質素で堅実な消費行動。
・日本のお金持ちが100人居たらこだわり派は62人こだわらない派は38人。
これは一般の日本の消費者とはまったく逆の割合。
お金持ちの消費に対する満足度を満たすのはなかなか容易ではない。
いいものがあっても概して辛口評価。
・高級ブランドを立ち上げて、富裕層をターゲットにしてみたところで、
富裕層よりもむしろ、富裕層に憧れる中流階層の人々が購入する。
・本物のお金持ちに商品を買わせるにはミドルグラウンドを狙うといい。
通常より高い価格であっても購入したいと思わせるような高付加価値の商品。
300円の歯ブラシではなく3000円の電動歯ブラシ。何万もする歯医者のホワイトニングではない。

お金持ちと学歴

■経済的成功の基盤として親から受けた教育投資がある。
・生まれながらの教育優等生。概して大卒以上の高学歴が多い。ただし医者志望だと地方の医大。何も東京や関西の名門大学を出る必要も無い。
・かなり習い事ずくめ。「社会的なマナーが身につく」。月に5万から10万円程度掛けている。

教育で残すか実物資産で残すか

親が子供に自分の資金を残す時教育投資と遺産を残す二つの方法がある。
が、お金持ちは自分の世代で使いきろうとする人が多い。
自分の事業を継がせたいと思う親は教育投資や遺産を残す傾向にある。

株式投資か不動産投資か―お金持ちの資産運用

・アメリカでは株式投資が人気だが、日本の株式収益率はあまりに低く
株式ほど大きな変動のリスクの無い不動産投資が好まれる。
・相続財産のうち土地相続に関しては、控除が多く有利。

結論

・世界の大富豪と比較すると日本は小粒
・贅沢品を買いまくるよりも資産運用に熱心
・お金持ちはいるが、「権力」「富」「威信」の評価基準を持つ上流階級は減ってきている。

新・日本のお金持ち研究

新・日本のお金持ち研究

  • 森剛志,橘木俊詔

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く