妖怪のお姫さまと呼ばれる少女が怪異のミステリーを解き明かしつつ、ラブコメもする! 虚構推理鋼人七瀬の書評・感想

1859viewsくまくまくまくま

このエントリーをはてなブックマークに追加
虚構推理 鋼人七瀬 (講談社ノベルス)

 岩永琴子が桜川九郎と初めて出会ったのは、17歳のとき。彼女が通院した病院に、入院患者の見舞客として来ていたときだ。そのとき彼には、弓原紗季というひとつ年上の彼女がいた。しかし、彼に一目ぼれしてしまった岩永は、彼が彼女と別れるのをじっと待ち、そしてついに告白の機会を得る。

 それから二年半、紗季はある地方都市で交通課の女性警察官となっていた。その街に、鋼人七瀬という都市伝説が蔓延する。スキャンダルにより芸能界を追われたグラドルが多数の鉄骨に顔面を潰されて死に、死後にアイドル衣装で鉄骨を振り回す亡霊となって暴れているというものだ。
 前半が完全な事実であるため、後半もまるで事実の様に語られている。実際、紗季は鋼人七瀬が原因だと主張する交通事故も処理していたし、それは真実だろうと理解してしまっていた。刑事の一部にも何らかの事件の予兆を感じて個人的に捜査を始めるものが現れた頃、紗季は実際に鋼人七瀬に遭遇してしまう。その彼女を助けたのは、岩永だった。

 一般的な推理小説は、断片的な手がかりから事実を積み上げ、論理的に真相を導いていくのが定石だ。しかしこの作品は、虚構推理という名の通り、その様な方法は採らない。すでに真相は分かっている。それを否定し、後に問題を起こさない妥当な虚構を真相として人々に認めさせるのが、この作品における名探偵の仕事だ。
 なぜこのようなことをするのか。それは、この作品における都市伝説が全くの真実だからだ。つまり、鋼人七瀬は実際に存在していて、人間を襲う。しかし秩序はこの様な存在を認めない。だからこれを否定し、常識的な真相を人々に与えるのだ。

感想

 作者は「名探偵に薔薇を」で名探偵の苦悩を描いた。すなわち、名探偵が真相を暴露することにより、暴露しなければ傷つかないで済んだ人々を傷つけてしまうという矛盾だ。この作品では逆を行く。つまり、本当のことが明らかになると被害が増えてしまうので、あえて嘘を本当だと信じ込ませることで、逆に秩序を守ろうというのだ。この複雑に入り組んだ思考の構造がいかにも作者らしい気がする。
 ここでは登場人物たちの持つ秘密は語らない。だが、この様な異質な事件を扱う人々だ。普通ではないと想像がつくことだろう。そんなひねくれた、一筋縄ではいかないキャラたちが、虚構を用いて秩序を守る。この二重三重にねじれた世界を楽しんで欲しい。

 ということで、シリーズ化されると楽しいんだけど。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く