バスクリン社員が教える究極の入浴術「疲れがとれる入浴法」

108868viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
お風呂の達人  バスクリン社員が教える究極の入浴術

疲れがとれる入浴法

■疲れにくい体をつくる入浴法
 ・温度40℃、肩までどっぷり浸かる 
 ・入浴時間はたっぷり20分

■朝の眠気をすっきりさせたい入浴法
 ・温度43℃の熱いお湯でシャワーを浴びる
 ・交感神経が優位になり、活動的になれる

■満員電車で疲れきった夜の入浴法
 ・精神的な疲れや足の疲れには、温度39℃(冬は40℃)で15分間
 ・最初の5分は全身浴で、あとの10分は半身浴で足の疲れをとる

■集中力を高めたいとき
 ・温度42℃の熱めのお湯に3分間だけつかる
 ・冬場は全身浴で、夏場は半身浴

■デスクワークで疲れたとき
 ・温度41℃と少し高めで、肩までつかる
 ・入浴中に簡単なストレッチをしてみる

■つらい疲れ目には
 ・温度39℃(冬場は40℃)で15分間つかる
 ・最初の5分は全身浴、10分は半身浴でまぶたの上にタオルを置く

■夜遅いとき
 ・温度39℃とぬるめで、入浴時間は10分と短く
 ・体温が下がると人は眠りやすいので、すぐに寝るときはちょっとだけ身体を温める

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く