加齢臭読本!いくつになっても、におわない人の加齢臭が消える「体の洗い方」と「食事習慣」

46127viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
加齢臭読本 いくつになっても、におわない人の習慣

概要

なかなかとれないニオイを克服する最新科学

加齢臭の基礎知識

■加齢臭とは?
 ・人間が出す「皮脂」が酸化することで発生するのが、加齢臭
 ・汗臭さとは、異なる「脂っくさい変なニオイ」のこと
 ・加齢臭はきちんと入浴するだけでは防げない

加齢臭が消える「体の洗い方」

■皮脂の分泌量の多い8箇所を意識して洗う
 1.頭皮
 2.ひたいから鼻にかけてのいわゆる「Tゾーン」
 3.耳の後ろから首全体にかけて
 4.両腕、及び胸の中心部
 5.両脇
 6.背中の中心部(肩甲骨に挟まれた、背骨に沿った縦の部分)
 7.へそとその周囲
 8.陰部

■ゴシゴシ洗いはしてはいけない
 ・皮脂は取れば取るほど、分泌されやくなる
 ・加齢臭の洗い方は「やさしく」「念入りに」

加齢臭が消える「食事習慣」

■「常温で固形になる脂」を摂らない
 ・豚の脂(ラード)、牛の脂(ヘッド)、バターを摂らない
 ・動物性の脂を摂ると、脂が体内で酸化し、加齢臭の原因になる
 ・酸化防止には「抗酸化ビタミン」「ケミカルファイト」が効く

■「肉より魚、魚より大豆」の食生活
 ・加齢臭対策には魚、納豆、豆腐、味噌など「日本の伝統食」が効く
 ・酒、タバコ、ストレスは加齢臭の大敵

■揚げ物をやめて、サウナに行く 
 ・揚げ物を食べるのは「酸化した脂」を食べるようなもの
 ・運動など汗をかくことで、体内の脂がさっさと外に排出される環境が整う

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く