ビジネスに必要な考え方である「ビジネス思考力」を7つの力に分類して説明

3286viewsatsushin_iatsushin_i

このエントリーをはてなブックマークに追加
勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践

ビジネス思考力

■ビジネス思考力とは
1.ビジネスの場を中心として
2.限られた情報と時間の中で
3.より適切な推論・判断を行い
4.より適切な行動を起こすことで
5.より高い付加価値を生み出す能力

■ブルーム博士の思考の6段階モデル
1,知識 … 暗記している
2.理解 … 内容の解釈ができる
3.応用 … 知識を別の状況に移すことができる
4.分析 … 部分を見つけたり、区分けできる
5.統合 … 部分を組み合わせて全体を作り出せる
6.評価 … 情報の価値、使いみちを判断できる
理解〜統合を経てはじめて自分の血となり肉となる

7つのフレームワーク力

1.論理思考力(ロジカルシンキング)
論理思考とは、絞り込む思考
一見ランダムに見える事象の関係性を導き、将来を推察する
・MECEに分類する(モレなくダブりなく)
・ピラミッドストラクチャーで展開する(分析しやすくなる→仮説が立てやすい)
・すべての思考を仮説からスタートさせる

2.水平思考力(ラテラルシンキング)
水平思考とは、広げる思考
直感、想像などから仮説をイメージする
・無意識に使っている前提を疑う(それってホントウ?)
・ものごとに対する新しい見方をしてみる(自分の考え方から離れる)
・一見別々のものを積極的に組み合わせてみる(SCAMPER)

3.視覚化力
・画像を活用する(イラスト、グラフ)
・デザインの力と意味を身につける(アフォーダンス)
・画像と文字の情報を組み合わせ、相互の活性化につなげる(マインドマップ)

4.数字力
・数字の意味を知る(数字は相対感で測るためのツール)
・数字に分解する(測定、管理するため)
・統計を読む(相関のあるものは原因がある)

5.言語力
・多くの知識・説明を知る(より伝わりやすくするため)
・言葉に落とす習慣をつける(自分の中で積み重なる)
・比喩を意識する(相手の考えを膨らませる)

6.知的体力
・体と頭の関係を理解する(思考は五感全体で行われる)
・健全な精神が健全な発想を生む(健全でないとバイアスがかかる)
・食べ物と知力の関係を理解する(アルコール、カフェイン、ニコチンを減らす)

7.偶然力(セレンディピティ)
・偶然のチャンスを生かす(チャンスは十分に準備をしたなかではじめて出てくる)
・与えられた情報の中からつながりを見つける(ひらめきは長期記憶に対する外部からの刺激で起こる)
・失敗、批判を素直に吸収して、無理に格好をつけない(次につなげる)

感想

知的生産にかかわる仕事をする方は必読と思います。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く