今度は自分がルフィを救うんだ!ONE PIECE 61の感想

1735views経済本とかマンガとか経済本とかマンガとか

このエントリーをはてなブックマークに追加
ONE PIECE 61 (ジャンプコミックス)

かつてルフィに救われた仲間たちが、ルフィを救うためにパワーアップに取り組む。思いは一つ。「今度は自分がルフィを救うんだ」そして、一味の再開の時が訪れる。

■雑感

仲間たちがルフィを思う姿に涙がこみ上げてきます。
特にナミとウソップがよかったです。
2年後の麦わらの一味再出発の話もド派手で爽快感MAXです。
ブルックの演出。ルフィ・ゾロ・サンジのパワーアップっぷり。
逃げることしかできなかった2年前とは圧倒的に違う決別があります。
そして、敗北を味わい、這い上がってからのレイリーへの宣言。その前の台詞とは重みが違います。
胸熱度は過去の巻の中で最高です!

■台詞メモ(ネタバレ注意)

・ルフィが連れ出してくれた海、 おれはついてくことに必死で…ルフィに何かしてやれたかな

・お前の力になれるなら、おれは本物の怪物にだってなりたい!

・おいルフィ、お前…負けんなよ!次無事会えたらお前が海賊王になる為に、おれは料理人として世界一のサポートをしてやる!

・仲間全員分の命がかかってんののよ! 私は航海士!海にいる間は責任重大よ!
 船長の望むへ場所くらいどこへでも連れてってあげられなくちゃ!
 ルフィは海賊王になるって言うんだから私だって並大抵の航海士じゃいられないのよ!
ー幸せな船長じゃのー。船員にそう言って貰えるとは仕方ないのよ。
 そ!だってあいつ、おっきな事ばかり言うくせに海の事何も知らないんだから!危機感が足りないのよね!
 やる事はいつもメチャクチャだし…放っといたら死んじゃうんだから、バカだし世話がやけるのよ。
 だから助けてあげるの!(今度は私が!)

・この私の姿を見てもなんら恐れる事なく,あなた私を仲間に誘ってくれましたね。
 50年…暗い海を漂うだけの私にとってどれ程の喜びだったか…
 どれ程あなた輝いて見えたか…奇跡を待つことしかできない50年の時間が報われたのですから…

・おいルフィ…!サニー号はまだまだ本気を出しちゃいねェぞ。サニー号を"夢の船”にできる船長はお前だ!
だからルフィ…乗り越えて行こうぜ!"新世界"の荒波も!

・おれは心のどこかで…、ルフィって奴は…見てるだけで、勝手に海賊王になっちまう奴なんだと思ってたんだ…!

・でも違うな…あいつだって敵わねェ敵がたくさんいる…!ルフィだって敗けるんだ…!
 無理してんだ…!悲鳴上げてんだ…!あいつにはおれ様の力が必要なんだ!

・この島は我々にとって敗北の思い出のある"無念の島"であり…そして"再出発の島"!
 一味においては冒険を盛り上げるのが私の務め!
 "麦わらのルフィ”…死亡説?バカバカしい。世界に伝えてくれだぜ!
 海賊"麦わらのルフィ"は生きている!
 いずれ世界の海の王になる男…!奴の船出にィ静けなんざ似合わねェっ!
 ルフィさん行きましょう"新世界"!
 ホラ音楽は味方です。1・2・3・4!"NEW WORLD"♪

・レイリーおれは…やるぞ!”海賊王”に!おれはなるっ!

・弟子の船出だ。よしなに頼むよ…

・おれはロジャー!この出会いは運命だ!レイリー。
 おれと一緒に世界をひっくり返さねェか!?

感想

「世界をひっくり返す」なんと響きのいい台詞でしょうか。
男ならそれくらいのことを口にし、そして実行したいものです。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く