20XX年、ついに日本国は破綻した。日本破綻のシナリオ

5968viewsatsushin_iatsushin_i

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本脱出 この国はあなたの資産を守ってくれない

■日本破綻のシナリオ

破綻のスタートは日本国債の暴落。

それは最初「日本はもう終わりだ」という誰かの小さな噂だったかもしれない。
恐怖は連鎖し、大手銀行が次々に売却することで国債はなんの価値もなくなった。
それに伴い、金利は急上昇、株価は大暴落となった。

経済大国の日本が破綻すれば、当然、アメリカ、中国、全世界への甚大な影響は免れない。
誰かの小さな噂は世界大恐慌へと歩を進めていく。

日本では人口の半数を超えた高齢者に圧迫され、年金はいったん白紙に戻された。
「年金制度に加入しなくても、最後のセーフティネット、生活保護制度がある」
そんな夢のような話を信じ、蓄えのない人々は極貧生活を余儀なくされた。
「国民皆保険制度」も崩壊し、今や医療は富める者だけが受けられるものだ。

そして働く環境も一変した。
名だたる企業もどんどん潰れ、正社員という雇用体系は過去の遺物となった。
それどころか、日本経済を支えてきた象徴とも言えるサラリーマンはどこにもいない。
今やこの国を支えているのは、優秀なフリーターと外国人である。

これらを読んで現実離れした妄言と思っただろうか?
それとも高い確率で起こり得る未来予想図ととらえただろうか?
信じるも、信じないも、あなた次第だ。

沈みゆく日本と共倒れになるか、この日本から飛び出して生き延びるか。
それを決めるのはあなた自身なのだ。

■日本脱出計画

■攻撃の戦略
・日本以外でも働ける状態にする
・外貨準備をしておく
・復活力のある資産を持つ(金、都市部の不動産)
・海外に拠点を移す

■防御の戦略
・複数の収入源を確保する
・フリーランサーの準備をしておく
・持ち物を減らす
・固定費を下げる
・田舎暮らしで自給自足する
・税金を学ぶ

感想

正直無理と思う対策もありますが、まずはリスクに気づくことが重要だと思います。
思考停止に陥らずに自分で考え、リスクに備える必要があるか判断する。
自分は少しずつ準備をしたほうが良いと思いました。

このまとめと関連のあるカテゴリー

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く