医者がすすめる無料で、すぐに、簡単にできる背伸びダイエットの実践方法

9432viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
医者がすすめる背伸びダイエット (祥伝社新書 162)

ダイエットの基本

■ダイエットの2つの基本
 1.基礎代謝量を増やす
  ・痩せる体質の人ほど、基礎代謝量が高い
  ・ダイエットは、摂取カロリーをいかに収めるかのゲームではない
  ・脂肪を燃やす基礎代謝を高めるのが本当のダイエット

 2.体重を減らすのではなく、体脂肪を減らす
  ・BMIは肥満指数ではない
  ・身長175cm,体重100kgで体脂肪15%しかないムキムキマンでもBMI=32.7になる
  ・ダイエットに大事なバロメーターは体重ではなく体脂肪

背伸びダイエットのメカニズム

■なぜ背伸びダイエットで痩せるのか?
 ・背伸びをすると、肩甲骨のまわりにある脊柱起立筋が伸びる
 ・脊柱起立筋には、脂肪を燃焼させる働きを持つ褐色脂肪細胞がたくさんある
 ・脊柱起立筋を伸ばすと、褐色脂肪細胞が活性化し、脂肪が燃焼される

■他にもある背伸びのメリット
 ・腹筋も引き締まる
 ・骨盤の歪みもとれる
 ・血流がよくなる
 ・便秘が改善される
 ・腰痛改善

■スロートレーニングにもなる
 ・スロートレーニング:ゆっくり筋肉を動かす運動
 ・運動中に脂肪が燃え、さらに遅筋(持久力に優れる)まで鍛えられる
 ・背伸びダイエットにはスロートレーニングの効果もある

背伸びダイエット 実践方法

■基本の2つの動作
 1.手のひらが上向きの伸び
  ・指を組んで手のひらを上向きにする
  ・目いっぱい、手が上まで伸びたら、顔を上に向け、少し後ろにそるようにする
  ・1回15秒の深呼吸を、2回行なって、30秒間で1セット

 2.手のひらが向き合う伸び
  ・手のひらが向き合ったまま、上に伸ばす
  ・目いっぱい、手が上まで伸びたら、顔を上に向け、少し後ろにそるようにする
  ・1回15秒の深呼吸を、2回行なって、30秒間で1セット

■ポイント
 ・朝、昼、夕食前に2種類を1セットずつ行なう(交感神経が働き、食欲が抑えられる)
 ・毎日行なうと、一ヶ月ほどでウエストが締まってくる

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く