宇宙飛行士になるには?宇宙好きが知りたいトリビア紹介

4090views鷹森雀ノ介鷹森雀ノ介

このエントリーをはてなブックマークに追加
宇宙飛行 行ってみてわかったこと、伝えたいこと

宇宙の写真と若田宇宙飛行士による宇宙に関する話など。国際宇宙ステーションや宇宙飛行士の写真も多く、宇宙好きなら楽しめるだろう1冊。

宇宙飛行士になるには

宇宙飛行士になるための学科試験や面接の内容などが書かれています。

■書類審査
日本人の場合はJAXAが実施する「宇宙飛行士候補者」の募集に応募する必要があります。2008年に実施された応募条件では、書類審査の段階で自然科学系(理学、工学、医学、歯学、薬学など)の大学を卒業していて、その分野で研究、設計、開発、製造などの実務経験が3年以上あることが条件になっています。
・身長制限もあり。158センチ以上190センチ以下で、宇宙服着用で船外活動を行うには、165センチ以上が必要になります。

■書類審査通過後の試験
英語試験、一般教養、自然科学などの筆記試験、面接試験、精神・心理学的な検査などが行われます。今までの日本人宇宙飛行士は、医者や科学者、技術者出身でしめられていましたが、2008年実施分では、航空自衛隊とANAのパイロットが選ばれています。

■選抜試験
宇宙飛行士選抜試験は学科試験から始まり、医学検査や心理検査、英語面接など、様々な面接試験が行われます。その中でも「架空の刑務所から脱獄計画を立てるテスト」などユニークなテストもあります。

国際宇宙ステーションについて

・国際宇宙ステーションでは、スペースシャトルや日本が開発した無人補給船HTV(愛称「こうのとり」)などで、必要な物資を運んでいます。
・酸素は無人補給船で運んでくるほか、ステーション内で水の電気分解により酸素を作っています。
・尿を飲料水に変える水再生装置もあります。(尿から作った飲料水で乾杯写真もあり)

■国際宇宙ステーション内でおならをするとどうなるのか
・もちろん臭う(笑)。
・「おならの推進力で前に進むことができるのか」という実験→結果は残念ながら失敗→おならでは質量の大きい体を加速できるほどの推力が出せない。

私を支えてきた言葉

若田宇宙飛行士を支えてきた、ゲーテやダーウィン、勝海舟といった偉人たちの言葉の数々が書かれています。
私は特に
「私なりの、成功への3つの鍵があるとしたら、1つ目は、一生懸命に努力すること、2つ目は自分らしくあること、3つ目は、自分がすることに情熱を持つこと:ジュリ・インクスター(女子プロゴルファー)」の言葉が心に残りました。

宇宙飛行士は特別な人間なのか

若田さんが言うには、若田さんが宇宙に行くことができたのは、日本人だったから。
日本という国が、宇宙開発を推進していける経済力と、技術力を持っているから。

日本の人々の日々の努力による、今日の技術力があってこその日本の宇宙飛行士なのだな、と色々感動。

感想

おならの推進力で前に進むことができるかもしれないと試してみたものの、だめだったというすばらしい実験には笑いました。

宇宙関連の専門本のように小難しくありません。写真集のように読めます。

若田さんの宇宙に対する情熱に溢れた1冊。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く