「腸ストレス」を取ると老化は防げる!腸にストレスを与えない食事

3316viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
「腸ストレス」を取ると老化は防げる (青春新書インテリジェンス)

腸は最大の免疫器官

■免疫機能の約60%が腸に集中
 ・全身にあるリンパ球の60%以上は腸管に集中している
 ・全身の抗体の約60%が腸管で作られている

■腸内環境の悪化が免疫力の低下を招く
 ・腸は口から入った食べ物や異物などを取り入れるべきかチェックする門番の役割
 ・全身の免疫機能の約60%が腸に集中している
 ・腸内環境が悪化すると、腸の役割が正常に機能しなくなる
 ・免疫力が低下し、老化にまで影響を及ぼす

腸にストレスを与えない食事

■グルタミンを含む食品を食べる
 ・グルタミンが不足すると、リンパ球の活性が低下し、免疫が弱まる
 ・グルタミンを多く含む食品:生魚、生肉、生卵、大豆など

■グルタミン酸を含む食品を食べる
 ・グルタミン酸は小腸粘膜のエネルギー源の1つ
 ・グルタミン酸を多く含む食品:カツオや干しシイタケの出汁

■ビタミンCを摂る
 ・ビタミンCには、免疫力を回復させ、抗酸化、抗ストレス作用もある

■ビタミンEを摂る
 ・ビタミンEは、腸内細菌の酸化を防ぐ
 ・ビタミンCと一緒に摂るとさらなる抗酸化作用も期待できる

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く