凡人でもアイデアを生み出せる! 「アイデアのつくり方」

4163viewsshingorirappashingorirappa

このエントリーをはてなブックマークに追加
アイデアのつくり方

アメリカで広告代理店の最高顧問を務めていたジェームズ・ヤングという人の考え方をまとめた本。凡人でもアイデアを生み出せるように、「アイデアのつくり方」をマニュアル化して紹介している。

はじめに

まず、どんな技術を習得する場合でも、学ぶべき大切な事は第一に「原理」、第二に「方法」である。

アイデア作成の原理

・アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせである。
・既存の要素を新しい一つの組み合わせに導く才能は、事物の関連性を見つけ出す才能に大きく依存する。

アイデア作成方法

1.データ集め(易しいようだが、難しい作業)
データ集めの深さが重要。浅い調査は意味が無い。
アイデアを生むかもしれない関係の特殊性が見つかるもの。

2.データの咀嚼
データを出来るだけ独立ないくつかの断片に分け、それらをそれぞれ一枚のカードに記入する。
仮の、部分的なアイデアを紙に記入しておく。

3.データの組み合わせ(無意識)
作ったカードを並べて、それぞれの組み合わせ、関係性について考える。
ここで、必ず行き詰まり挫折する。
組み合わせる努力をしたら、問題を放棄し、完全に心の外に追い出す。

4.ひらめき
自分の想像力や感情を刺激するものに心を移しておく。
すると、自分の期待していないときにアイデアが生まれる。

5.アイデアチェック
生まれたアイデアを現実の過酷な条件に適合させないといけない。
この段階では、忍耐力が必要となる。
いいアイデアは自分で成長する。周りの人々を刺激し、そのアイデアに手を貸してくれる

1.2.5は意識下、3,4は無意識で行われる。

この本は、非常に薄く内容がまとまっていて読みやすかった。
1900年代の人の本だが、こうやって現代にも読まれ続けているのは、昔からアイデアを生み出す方法は普遍ということだろうか。
他にも「20%・80%」「中庸の美徳」などの考え方はおもしろかった。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く