クヨクヨとのつきあい方がわかる本「いつまでもクヨクヨしたくない」とき読む本の書評・感想

2202viewskuramaekuramae

このエントリーをはてなブックマークに追加
「いつまでもクヨクヨしたくない」とき読む本

「クヨクヨ」というと、ネガティブな状態になるため誰もが避けたがる。その一方で、「クヨクヨ」こそ成長の中でもっとも重要なこと言われているが、その「クヨクヨ」とのつきあい方を本書では紹介している。

第1章「人生の意味に、気づこう。」

いろいろなことに「意味」はあり、Googleで調べればでてくることも多いが、自らの人生はGoogleで調べることができない。むしろ自分自身のGoogleを探し、積み重ねていくことによってその意味に気づく。

第2章「しんどいことを、楽しめる。」

誰もがいやがる「しんどい」こと、その「しんどい」ことを続ける先には形は違えど、「達成感」が出てくる。仕事に限らずとも「フルマラソン」や「登山」では分かりやすく、達成することの喜びは何者にも代え難い。

第3章「前向きな努力を、しよう。」

人は誰しも「夢」を持つ、それは多かれ少なかれその「夢」に向かって努力を進める。しかしその努力は続ければ続けるほど過酷なものになり、時として投げ出してしまう。めんどくさいことにもなってしまう。しかし「めんどくさい」だからでこそ、前に進むことの大切さがわかってくる。

第4章「ほめられないことを、しよう。」

好きなこと、さらに誰にもみられないことは「ほめられない」。ましてや投げ出しても誰も文句を言うことはない。ましてや「続けて何の意味があるの?」といわれてしまうことさえある。しかしその「ほめられる」「感謝される」欲望を捨てることによって続ける原動力になる。

第5章「好きなことを、徹底的にする。」

好きなこと、それだけではなく、やることを「徹底的」にやることによって他人からの印象も変わることもあれば、自分が見ている世界も大きく変わる。

感想

「クヨクヨ」しないためにはどうすればよいのか、ではなく、むしろその「クヨクヨ」「しんどい」「めんどくさい」という負の感情をいかにつきあい、そして一生懸命にやることの重要性を見いだすことができるのかを教えてくれる一冊といえる。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く