気に入られる人になるコツがわかる本「誰からも「気に入られる人」の習慣」の書評・感想

2348viewskuramaekuramae

このエントリーをはてなブックマークに追加
誰からも「気に入られる人」の習慣 (アスカビジネス)

「気に入られる」ことにより、一人ではできないこともなし得るだけではなく、好かれたい、親密になりたい、そういった願望を持つ人のために、「気に入られる人」になるための習慣について本書にて伝授している。

第1章「気に入られる習慣を身につけるその前に」

「気に入られる」方法を学ぶ前にまず、「気に入られる」ことの必要性、身だしなみチェック、そして「コンプレックス」そのものをなくすことから始める必要がある。本章ではそれらを紹介している。

第2章「社内で気に入られる方法」

社会人の人生の中で大多数の時間を会社の中で過ごす人も多い。中には客先に常駐する人もいれば、最近ブームとなっている「ノマドワーク」をして常に会社外で働いている人もいる。
しかし大多数は「会社の中」で仕事をするため、上司や部下、同僚とともに仕事をする、もしくはコミュニケーションをとることが日常茶飯事である。その中での「気に入られる方法」、些細なことだけど大切なことを本章にて紹介している。

第3章「お客様に気に入られる方法」

営業であれば「お客様」との折衝も多かれ少なかれある。その「お客様」に気に入られることこそ商談を進めていく上で重要な要素になることも少なくない。そのために普段「会社にいるとき」とはまた違った「気に入られ方」をする必要がある。本章ではそれを伝授している。

第4章「初対面の人に気に入られる方法」

初対面の人と出会い、そしてその中で会話をすることは性格によるが、赤面したり、はなすことすら億劫になるひともいる。
しかし人はファーストコンタクトの印象によって大方相手のことを判断してしまう。その大方判断されるタイミングこそ、気に入られることの真価が問われる。本章では初対面との自己アピールや姿勢、仕草について紹介している。

第5章「仕事で気に入られる方法」

仕事は様々だが、その仕事の中身もさることながら、仕事に対する姿勢や考え方、行動も重要な要素であり、それによって結果が変わることも有り得る。本章ではその「仕事の姿勢」について紹介している。

第6章「もっと気に入られるためには」

気に入られる習慣の「応用編」として男女の関係、そして「気に入られる」ことそのものを「極める」ことの術について紹介している。

感想

著者もコンプレックスに苛まれ、かつコミュニケーションも上手く取れず、苦心した日々があった。その中で自らが独学で身につけた方法、そのエッセンスが本書には詰まっている。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く