「関西人の「あるある」図鑑」のPHP研究所まとめ

3505viewsPHP研究所PHP研究所

このエントリーをはてなブックマークに追加
関西人の「あるある」図鑑

概要

関西の独自の習慣、暗黙の了解などの“異文化”を、イラストと文章で紹介。神戸、大阪、京都などで微妙に異なるメンタリティも分析。

けったいな話題がてんこもり!

『関西人のあるある図鑑』は、大阪、京都、神戸を中心に、関西人の特徴や風習を集め、「クスッ」と笑えるイラストとともに1冊の本にまとめたものです。

執筆したのは、関西各地のライターや関西出身の編集者。それぞれの経験や友人から聞いた話をもちより、「ああだ、こうだ」と議論をし、カテゴリーごとに書き進めました。

大阪人、京都人、神戸人の性格の違いや、微妙な言葉遣いの差、関西ノリといわれる「お笑い文化」への想いなど、「関西人」とひとくくりにはできない、2府4県の「お約束」や「当たり前」を、この本で愉しんでいただければ幸いです。

ただし、一言で大阪といっても、市内と郊外では言葉はもちろん習慣などにも地域差があり、一概には「正解」だといえない話もでてくることでしょう。それは、京都や神戸など他の関西エリアも同じで、多少の差は必ずあります。「そうそう」「あるある」とうなずける話がある一方で、「それはないでしょう」と思う話もあるかもしれません。

どうぞ、そんなときは、「んなアホな」と、関西人風にツッコミを入れ、笑い飛ばしていただければと願います。

本書では「関西人」の気質、行動、風習を、78項目にわたって大解剖! 6章に分けてご紹介しています。

(1)歴史が語る関西人の暮らし
(2)食道楽は関西の伝統です
(3)お金より大事なものは…
(4)関西弁も人間関係も多彩です
(5)乗り物を知れば関西がわかる
(6)知って得する関西あれこれ

関西人の「あるある」図鑑

関西人の「あるある」図鑑

  • 関西ルール研究会

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く