30代で差をつける「人生戦略」ノート!最短・最速で結果を出す「頭と時間」の使い方5つのポイント

70250viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
30代で差をつける「人生戦略」ノート―最短・最速で結果を出す「頭と時間」の使い方

頭の使い方

■「努力の方向性」を間違えるな
 ・がんばるとは、同僚を出し抜いて出世するなど狭い世界のことではない
 ・勝ち負けは他の誰かと比較したもので、自身の価値観は反映されていない
 ・昨日の自分よりも今日の自分を成長させことに全力を尽くす

■「結果」よりも「プロセス」に着目する
 ・結果のみに気をとらわれている人は、過去の成功を再現できない
 ・ラッキーショットは決して何度も出ない
 ・プロセスを検証し、因果関係を洞察しないと一発屋で終わる
 ・自分の仕事をマニュアル化すると、無意識でしている仕事のコツを再認識できる

勉強

■勉強をする
 ・民主主義での自由とは「選択肢を多く持ち選べる」「ルールを自分で作る」
 ・選択肢を多く持ち、ルールを作る側になるには勉強をする

■勉強しないと大損をする
 ・世の中の仕組みは賢い人、お金持ちが考えたもの
 ・勉強しないのはラクかもしれないが、賢い人たちに搾取され続ける

マシン性能

■一流と三流を分けるのは「努力し続ける力」
 ・一流と三流を分ける1つは、努力し続けること
 ・どんなに能力が高くても、継続しなければ、中途半端で終わる
 ・努力し続けられる能力が、あなたのマシン性能

■稼ぐ人は「アクション・プラン」を立てるのがうまい
 ・夢を実現できる人は、思考のレベルが深い
 ・目標達成にいたるまでの方法論や具体的なTO DOがいくらでも出てくる
 ・できる人になりたいなら、具体的に考える思考の深さと考え続ける努力をする

問題解決

■「モチベーションの高さ」と「価値を生み出す力」は比例する
 ・自分のやっていることに意味を見出すと、工夫が生まれる
 ・他人から感謝されるので、仕事のモチベーションもより高まる
 ・仕事には楽しさは備わってないので、いかに自分で楽しくするかを考える

時間

■投資の手法を「タイムマネジメント」に応用する
 ・時間とは「人生最大の資源」
 ・今の行動はどういうリターンがあるのか意識すると、自然と時間を上手に使える

コミュニケーション

■つきあう相手は厳選する
 ・他人に接触によって、人間はかなりの影響を受ける

■「信頼と人脈」を拡大する「二つの促進剤」
 ・笑顔とうなづき、たった二つを意識するだけで人脈拡大の促進剤になる

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く