頭の良い子は、家にあるものにも秘密があった!?

2795viewskaerumamakaerumama

このエントリーをはてなブックマークに追加
頭のよい子の家にある「もの」

どれが家にありますか?
1.3X探究、共有、表現が教育では大事。それらを高めるもの。
⭕たこ焼きプレート、アイスクリームメーカー
五感が刺激されると、記憶力がよくなる。毎回違う発見が観察地からを磨く。もちろん、こども主体で作らせることが重要。
その他にも、当たり前にどの家にもある、箸、炊飯器も使わせ方次第で効果的。
⭕重箱、杵と臼、バーベキューセット、お雛様
人をもてなす心、古きよき日本の住文化を大切にする家庭の子は伸びる。父親の背中を見せる。
⭕黒板
自分の考えをまとめて表現できる能力が育つ。親子のコミニュケーションに役立つ。(掘りごたつも)
⭕ぬいぐるみ
ものを大切にする気持ちを養う。たとえば、傷んできたら繕ってやるなど、親の協力が必要。
⭕レゴブロック、洗濯ばさみ
自由な発想を。代々なやわたって親子のコミニュケーションを促すツール。
⭕スキー板、テニスのラケット、バスケットボール
思春期に向けて父親とのコミニュケーションがとれる。苦手なことも続ければできるという自信がつく。スポーツを通して強い意思を身につける。厳しい受験戦争に打ち勝つ。集団意識を育む。
⭕ファーストシューズ
人生のあしあとを記憶なや残す
⭕DVD、漫画、新聞、本
親子で楽しむ。親子で語りあえる。自分の知らない世界に興味を持たせる。問題意識を持たせて視聴すると効果的。考えるという行為のきっかけにも。
⭕日本地図
ただ眺めているだけでも、頭なや入る。
⭕カレンダー
世界遺産つきや、格言つきなど
⭕絵、画集、仏さまの絵、家族アルバム
⭕暖炉
実際に一緒に付けてみることで五感が刺激される
⭕地球儀、絵の具、墨

感想

もちろん、これらの道具が家にあるからといって、すぐにかしこい子が育つわけてはありません。使い方です。それらの効果的な使い方と事例、根拠は本書を参考にしてみて下さい。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く